[tmkm-amazon]4344407725[/tmkm-amazon]

ここ1週間、実験の関係で相模原の宇宙科学研究所へ毎日通っている。
電車移動の時間が行き帰りで4時間もあるので、文庫や雑誌をよく読んでいる。

自転車で世界一周した人の旅行記。ミキハウスの社員だったけど、社長の粋な計らい(と、スポンサー会社のサポート)で、「有給休暇」で4年半かけて世界を回った。最初はありがちな貧乏旅行の話かなと思ったら大違い。旅行の中で出会ったいろいろな国の人とのやりとりや、その感動がいきいきと、しかもコンパクトにまとめて描かれていて、ひじょうに読みやすく、興味深い内容だった。
旅行に行って、そこに住む人となんらかの交流をしたことがある人なら誰でも共感できる文が随所に見られた。たとえば

「僕はそれから振り返ることができずに、目の前の坂をふらつきながら登り続けた。もうみんなと二度と会えないかもしれないのが信じられなかった。」

など。町田→千駄木の2時間の車内で4年半分をあっという間に読み進めた。ひじょうに良い本だった。