MacBookPro heating up

今年の3月から、MacBookProのLate2011をメインマシンとして使っています。 事務作業やメール・webくらいでは、CPU温度は50-60度程度でなんとかラップトップでも使用できるのですが、天体データ解析用に、xissimarfgenなどを実行すると1スレッドでもCPU使用率100%が続くと、簡単に80度を超え、ファンを前回にしてもあまり下がりません…。2スレッド以上で100%状態が続くと、90度以上になってしまい、怖くてそれ以上は試せていません。せっかく8スレッドもあるので、かなり並列計算ができると期待したのですが、相当ちゃんと冷却しないと重たい計算の並列化は現実的ではなさそう。 #でも、よく考えるとラップトップマシンで8スレッドってすごい時代ですね。ちょっとしたプログラムのmakeとかならmake -j8しても大丈夫でしょうから、圧倒的に効率がよくなります。