ある電子回路を製作しているときに、2.5Vを生成する必要があったので、手近に入手可能だった、東芝のTA48M0025Fというレギュレータを使用しました。

よく知っている人にとっては当たり前かもしれませんが、この素子は、データシートの標準回路例に載っているような外部のコンデンサをつけないと、出力電圧が正しく2.5Vになりません。駆動回路側で2.5V系の電力消費がほとんどないことと、部品選びが面倒だったことからこの部分をさぼっていたら、まんまとはまってしまいました。(絶対必要ということではなく、もちろん駆動回路側のcapacitanceにもよりますが…)

備忘用のメモでした。