make2FGLxmlでdiffuse sourceのfits templateが必要といわれるとき

Pocket

Fermi/LATのデータ解析中に、source modelを作成するステップでmake2FGLxmlを実行すると、diffuse sourceのfits templateが必要といわれるときは、 LAT 2-year Point Source Catalog のページから、Extended Source template archive をクリックして、fitsファイルの集合をダウンロード。以下のファイルが入っているので、必要なファイルを解析スクリプトを実行するフォルダにコピーし(するか、生成されたモデルのxmlファイル内のパスを書き換え)て、後続の解析プログラムを実行しましょう。

  • CenALobes.fits
  • CygnusLoop.fits
  • HESSJ1825-137.fits
  • IC443.fits
  • LMC.fits
  • MSH15-52.fits
  • SMC.fits
  • VelaX.fits
  • W28.fits
  • W30.fits
  • W44.fits
  • W51C.fits