今後、HongoScriptsの使い方もこのページとHongoWikiで紹介していきます。(せっかく作っているので、皆さんにつかってもらって生産効率を高めたり、HongoScriptsそのものもimproveしていきたいと思います)

HongoScripts内のhsXspecGetParameterFromLogFileコマンドを使うと、Xspecでerrorコマンドを用いてエラーを計算した画面をlogコマンドで保存したテキストファイルから、フィット結果の中心値やエラー範囲を抜き出して表示することができます。これをつかうと、フィット結果をTeXの表にする、とんでもなく面倒な作業をほぼスクリプト化できます。

以下、簡単に使い方を説明します。

実行方法

hsXspecGetParameterFromLogFile (Xspecのログファイル)
(コンポーネント番号) (パラメタ名)
(表示形式; errp/errm/value_errp_errm/value/errP/errM/value_errM_errPのどれか)
(小数点の表記スタイル;optional)

具体的には406039010.logというログがあるときに

hsXspecGetParameterFromLogFile 406039010.log 4 kT value_errM_errP "%.2f"

とすると、

3.25(3.13-3.39)

みたいに結果が返ってきます。

ログファイルの生成方法

このプログラムを使用するときは、ログファイルは、Xspec内で以下のようにして生成しておいてください。

XSPEC12> log filename.log  (filename.logというテキストファイルでlog noneまでの表示画面が保存される)
XSPEC12> show all
XSPEC12> (エラーを後で取得したいパラメタ分だけ、errorコマンドを実行)
XSPEC12> error 3
XSPEC12> error 8
XSPEC12> log none

HongoScriptsについて

HongoScriptsについては、github上のHongoScriptsのページを参照してください。

Macユーザ向けのインストール方法を簡単に書いておくと、以下のようになります。
Linuxの場合はgithubのページからzipもしくはgitでダウンロードして、cmakeでインストールしてください。

1. Homebrewをインストールする(すでにインストール済みの場合はスキップ)。

ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/mxcl/homebrew/go/install)"

2. HongoScriptsをインストール。

brew tap yuasatakayuki/hxisgd
brew install hongoscripts