国立天文台 山内さんの sfitsio をベースに、Ruby用のFITS I/OライブラリRubyFitsを作成しました。githubのレポジトリからソースコードをチェックアウト/インストールすると、Rubyスクリプト内から以下のようにFITSファイルのヘッダー/テーブルを操作することができます。

require "RubyFits"
include Fits

f=FitsFile.new("sampleTable.fits")

#dump some header key-value records
puts f[1].header("TELESCOP")
puts f[1].header("RA_PNT").to_f

#modify header records
f[1].header("TELESCOP") << "ASTRO-H"
f[1].setHeader("INSTRUME","SXS")
f[1].addHeader("NEWKEY",3.14159, "COMMENT")

#TableHDU access example
tableHDU=f.getHDU("SPECTRUM")
puts tableHDU["COUNTS"][100]
puts tableHDU["COUNTS"][100...120].join(",")

RubyFits – a Ruby FITS I/O library based on C++ sfitsio

https://github.com/yuasatakayuki/RubyFits