Month: August 2013

NuSTARのデータ公開

2012年に打ち上げられた米国のX線天文衛星NuSTARの観測データの一般公開が8/29に始まりました。 現時点では観測開始直後のデータのみpublicになっています。今後、2ヶ月ごとに公開データが追加されていくそうです。さっそく伸展マストの揺れぐあいの時間変化を見てみましたが、1軌道周回内での熱歪みがしっかりトラックされていました。

msc-generatorでシーケンス図を作成する

複数機器間の通信の手順を可視化したり、仕様として規定する際、「シーケンス図」というものを作成することがあります。 英語では、Message Sequence Chartというそうで、graphvizのようにテキストファイルを入力として、きれいな図を生成してくれるソフトが何種類かあるようです。 今回、SpaceWire関連の仕様書を記述するタスクのために、MSC-Generatorというソフトを利用しました。ドキュメントもしっかり用意されていたり、日本語も扱えたりしてひじょうに心強いです。 Macでの使用に当たってはソースコードからビルドする必要があり、手順が少し難しいところがあったのでまとめておきます。 [tmkm-amazon]9784774143958[/tmkm-amazon] サンプル たとえば以下のようなコードからは次のような図が生成されます。 hscale=auto, numbering=yes; numbering.format = “roman”; a->b: Lowercase roman; numbering.format = “ABC)”; a->b: Uppercase letters; numbering.format = “123”; a->b: Arabic…

Chandra/HETGの位相分割スペクトル抽出の解析ログ

誰かの参考になるかと思い、Chandra/HETGのphase-resolved spectral extractionをしたときのログを掲載しておきます。 V1223 Sgrという白色矮星のスペクトルをスピン周期で畳み込んだスペクトルを抽出し、プロットしています。 生成される結果は、以下のようなPDFファイルです。

Sublime Text 2で日付をショートカット入力する

Sublime Text 2で、Insert Dateというプラグインを使うと、ショートカットキーで日付を入力することができます。 Insert Date たとえば、ぼくがシェルスクリプトを作成するときは、作成した日付と署名を #2013-08-28 Takayuki Yuasa みたいに入力するのですが、これをショートカットキー一発で入力できるように設定してみました。 1. Preferences → Package Settings → InsertDate → Key Bindingsを選択して設定ファイルを開く。 2. insert_dateコマンドのショートカット記述(F5)の下に、 { “keys”: [“shift+super+l”], “command”: “insert_date”,…

Sherpaでスペクトルをプロットする際の”Cannot find double-buffered visual.”エラー

Chandraの観測データをSherpaでプロットする際、plot_data()コマンドで以下のようなエラーが出る場合があります。 yuasa@suzaku[primary]$ sherpa —————————————————– Welcome to Sherpa: CXC’s Modeling and Fitting Package —————————————————– CIAO 4.5 Sherpa version 1 Tuesday, December 4, 2012load_data(“sherpa-1> load_data(“acisf00649N005_pha2.fits”)WARNING: systematic errors were not found…