Sublime TextでC++/Cのコードを整形する

Pocket

AStyleFormatterプラグインを使うと、Sublime TextでC++/C言語、Java等のコードを整形できるようになります。

インストール

PackageControlでインストールできます。「Shift+Command+P→Install→Astyleと入力してReturn」でインストールできるはずです。

使い方

C++やCのソースを開いた状態で「Contol+Option+F」で整形が実行できます。

Javaスタイルに設定変更

ぼくはJavaから入ったので、ANSI/K&Rスタイルは気持ちがよくありません。とくに{}の位置がifやforの次の行に来るのは行数の無駄なので、Java-styleに設定変更します。

Screen Shot 2014-01-22 at 1.36.36.png

メニューから「Sublime Text→Preferences→Package Settings→Sublime AStryle Formatter→Settings – User」を開いて、次のような設定用のテキストを入力します。

Screen Shot 2014-01-22 at 1.30.10.png

{
“options_default”: { “indent”: “tab” },
“options_c”: { “style”: “java” },
“options_c++”: { “style”: “java” }
}

Command+Sで保存すると、設定が有効になるので、再度、C++やCのソースで「Contol+Option+F」で整形を実行してみてください。以下のように、{}の位置がJava-likeになるはずです。

Screen Shot 2014-01-22 at 1.35.29.png

設定可能なオプションは、

https://github.com/timonwong/SublimeAStyleFormatter/blob/master/SublimeAStyleFormatter.sublime-settings

等を参照するといろいろ例が出ています。