2014年4月3日に打ち上げられた欧州宇宙機関ESAの地球観測衛星シリーズ「Copernicus (コペルニクス)」の初号機であるSentinel-1Aのファーストイメージが公開されています。まだ打ち上がって1ヶ月もたっていないですが、初期のチェックアウトの中で取得されたレーダー画像が、未校正画像としてサンプルてきに公開されています。情報公開のタイミングが早いと、一般の市民にも、プロジェクトマネージメントがしっかりできているんだなといういい印象を与えられそうです。

Sentinel-1 first images – Copernicus – ESA

http://www.esa.int/Our_Activities/Observing_the_Earth/Copernicus/Sentinel-1/Highlights/Sentinel-1_first_images

Copernicusで打ち上げられるSentinel衛星の構成は以下のようになっています。
参照: Space component Overview – Copernicus

Sentinel-1 will provide all-weather, day and night radar imagery for land and ocean services
Sentinel-2 will provide high-resolution optical imagery for land services
Sentinel-3 will provide high-accuracy optical, radar and altimetry data for marine and land services
Sentinel-4 and Sentinel-5 will provide data for atmospheric composition monitoring from geostationary orbit and polar orbit, respectively
Sentinel-5 Precursor will bridge the gap between Envisat (Sciamachy data in particular) and Sentinel-5
Sentinel-6 will provide radar altimetry data to measure global sea-surface height, primarily for operational oceanography and for climate studies

日本でもJAXAが開発を主導した陸域観測衛星「だいち2号(ALOS-2)」を5月に打上予定です。Sentinel-1と同様に、合成開口レーダーによって地表の天候に関係なく陸域の画像を取得できるLバンドSARという装置が搭載されています。5月24日の打ち上げに向けて、特設サイトも準備されています。

だいち2号機 打ち上げ特設サイト

http://fanfun.jaxa.jp/countdown/daichi2/