KickSatのアップデート(カード型子衛星Spriteの放出)

Pocket

cloud fundingのKickstarterで資金を集めて開発された小型衛星KickSat (Wikipedia)の最新情報がアップデートされています
KickSatの概観図(プロジェクトページの画像をimg src)



Spriteの外観図(プロジェクトページの画像をimg src)



4月のDragonの打ち上げの際に同時に打ち上げられ、打上16日後にカード型(切手型?)の小衛星Sprite 104個の放出が予定されていました。以下のpostで振れられていますが、watchdog timerを管理していたCPUに宇宙放射線の影響が生じハードリセットがかかったため放出カウントダウンタイマー(deployment countdown)が0に戻ってしまったそうです(5/4のレポート)。

残念なことに16日後よりも前に再突入して燃え尽きてしまうのではないかと予想されています。コマンドアップリンクが有効になるには、衛星内のバッテリが8V以上に充電されないといけないのですが、現状6.5Vあたりで安定しているため、コマンドアップリンクができる可能性も小さいとのこと。

すごく残念なのですが、Kickstarterのpostに対するコメントは暖かいものが多く、backerのアツさを感じます。宇宙に関わっている人・宇宙に興味のある人はぜひ読んでみてください。

Update #72 – KickSat’s Current Status

https://www.kickstarter.com/projects/zacinaction/kicksat-your-personal-spacecraft-in-space/posts/831509