WebExの音声会議(toll-free call-in number)にSkypeから無料でコールする

Pocket

海外の企業や研究機関とテレカンファレンスを行なう際、資料の共有と音声共有のためWebExが標準的に用いられます。WebExは北米地域ではToll-free call-in numberというフリーダイヤル(和製英語)のような電話番号が用意されていて、電話もしくはSkype Out経由で音声会議に参加することができます(Skypeは北米のtoll-free numberには無料でコールできるため; 参考)。海外からの着信用に有料の番号も用意されていますが、国際電話だとすごく割高なので、Skypeが利用できる環境にいるのであれば、そちらをお勧めします。

[tmkm-amazon]B00ORKUKUY[/tmkm-amazon]

以下の要領で接続してください。

WebExの案内メールを受け取ったら、以下のような「Call-in toll-free number」の記載を探します。

Call-in toll-free number: 1-877-xxx-xxxx  (US)

Skypeを起動し、ダイアルパッドを表示して、上記番号を入力してコールしてください(普段に本モードで使っていると、日本国内の番号だと思われてちゃんとかからない場合があります。その場合は先頭に+をくっつけて+1-877-xxx-xxxxとして、国番号であることを明示してコールしてください)。

接続されると、案内が流れて、カンファレンス番号

Conference ID: 123 456 7 #


みたいなを入力するよう求められます(事前にメール内から探しておきましょう)。続けて、名前を名乗ってから#を入力すると、接続されます。

テレカンファレンスに慣れていない人は、事前にSkypeの確認用IDにコールするなどして、マイクがちゃんと使えているか、マイクのゲインは適切かを確認しておいてください。また、大事な点ですが、

★★発言時以外はマイクをミュートに設定してください★★

Skypeのウインドウにあるマイクボタンをクリックするとミュートにできます。

会議用の外付けマイク・スピーカーを用意しましょう

複数人で1台のマシンからSkype会議に参加するときは以下のような高性能のマイク・スピーカーを用意しておくと、会議のクオリティが10倍高まります(ラップトップに内蔵のマイクとスピーカーでは、3人以上で参加するときは使いづらいと思います)。
[tmkm-amazon]B00346K5PW[/tmkm-amazon]