Screen Shot 2014-06-27 at 22.24.27
(写真をクリックするとYoutube上のオフィシャルムービーのページにジャンプします)
JAXAが2014年5月24日に打ち上げた地球観測衛星「だいち2号」の初期観測結果が公開されました。打上から1ヶ月ちょっとでの初期データ公開というスピード感にテンションがあがります(4月に打ち上がったヨーロッパのSentinel-1衛星も、打上後2週間という短い期間で初期画像公開でした。迅速な運用がキーワードでしょうか)。

JAXA Digital Archiveでは、だいち2号が撮影したレーダー写真が自由に閲覧可能です。先代の「だいち(ALOS)」よりも性能が向上して、地上分解能3m。先代の「だいち」のときより抜群に鮮明なイメージがとれていて感動します。

伊豆大島
ALOS2_IzuOshima1

3次元表示した伊豆大島
ALOS2_IzuOshima2

なんといっても感動的なのは、富士山の3次元合成ムービー。ALOS-2チームの意気込みを感じますね。

 

[tmkm-amazon]4860591100[/tmkm-amazon]

[tmkm-amazon]4863130228[/tmkm-amazon]