やや旧聞ですが、日本統治時代の台湾の高校野球をテーマにした大ヒット映画「KANO」の日本公開日が2015年1月24日に決まったようです。半年以上前から楽しみにしていたので、待ち遠しいです。都心だと有楽町の角川シネマと新宿バルト9がみやすいですね。

角川シネマ有楽町 →上映スケジュールはこちら

新宿バルト9 → 上映スケジュールはこちら

公式サイト:http://kano1931.com

Kano_Website

 

既に台湾で鑑賞した人たちの感想・まとめ:

20代後半の台湾お仕事日記 – 台湾映画「KANO」と「大稻埕」 (chieさん)

→同時期に公開された「大稻埕」と日本人の描かれ方が対照的だったが、ご本人は「大稻埕」のほうが好きだったとのこと。映画だけをみて日本統治時代に好意的な印象をもってはいけないというのはおっしゃる通り。

日々雑感 – これも見てみたい。台湾野球映画KANO

→鑑賞前のまとめ。ニュースでの取り上げられ方も含めて紹介されています。

娘希的 (にゃんしーの) – 映画「KANO」感想

→3時間の大作でも、ガッツリ楽しめたが、もう少し細かな描き方もできたのでは、という印象。

おっさんノングラータ – 『KANO』感想(★★★★★)

→絶賛。「全編ほぼ日本語なので、字幕なしでも鑑賞に問題ありません」という情報も。

 

単行本も出ているようですね。

[tmkm-amazon]9784798138442[/tmkm-amazon]

[tmkm-amazon]9784798139500[/tmkm-amazon]