プログラムのソースコードや衛星プロジェクトのコンフィグレーション管理にgitを使い始めようと思っている研究者の方は、コマンドラインで以下のコマンドを実行してgitの初期設定をしましょう。 まず、最新版がインストールできていない人は、Homebrew

brew install git

としてインストールしましょう。

以下が、大体の人が行なっている初期設定です。

#名前とメールアドレスの設定
git config --global user.name "Your Name"
git config --global user.email youremail@example.com

#コミット時のメッセージ等を編集するためのエディタの設定
#以下の例ではnanoを指定しています。
git config --global core.editor nano

#git log(コミットログ)やgit diff(変更点の表示)の際に、
#色付きで表示するオプションを設定(見やすいので色付きを推奨)
git config --global color.ui true

設定後、

git config --list

を実行すると、以下のように設定情報を確認できます。

user.name=Takayuki Yuasa
user.email=yuasatakayuki@gmail.com
mergetool.keepbackup=false
push.default=matching
core.excludesfile=/Users/yuasa/.gitignore
core.editor=nano
color.ui=true

さらに詳細な設定項目の解説は、gitのオフィシャル解説のGit のカスタマイズ – Git の設定にまとまっています。diff/mergeツールを変更したい場合もこのページを参照しましょう。