【小型衛星】ほどよし1号機のファーストライト画像 (2014/12/26)

Pocket

Saudi_Arabia-1024x575

2014年12月26日(ASNARO衛星の初期観測結果公開と同じ日)に、ASNARO衛星との相乗りで打ち上げられた小型衛星のひとつ「ほどよし1号機」の初期観測結果がAxelSpace社のページで公開されています(東京大学、次世代宇宙宇宙システム技術研究組合からもリリースされていますが、AxelSpaceのページからはより高解像度の画像がダウンロード可能)。

ASNAROのプレスリリースと違いこちらはカラーイメージなので、より肉眼でみたイメージに近い画像になっています。とくにサウジアラビアの都市を撮影した画像は、海の深さ、船の航跡、街に張り巡らされた道のコントラストが鮮やかです。(ほどよし1号機の設計上の地上分解能(Ground Sampling Distance)は6.7mなので、ASNAROの「0.5m以下」よりは粗いのですが、その分、観測幅が27.8kmとなっており、ASNAROの10km幅よりも広いです)

今後もこういう綺麗な写真のデータがたくさん取得されるのだと思うと楽しみですね。最初に打ち上げた10kg級の2013年11月に打ち上げられたWNISAT-1では機器の故障等により残念ながらミッション不達でしたが、ほどよし1号機では沢山の成果が得られるとよいですね。

ほどよし1号機 ASNARO
打上日 2014年11月6日
軌道 太陽同期軌道 高度500km
重量 400kg 60kg
地上分解能 <0.5m 6.7m
観測幅 10km 27.8km

参考情報: