【小型衛星】ASNAROの初期観測結果が公開されています (2014/12/26)

Pocket

kyoto01_400_c
経済産業省宇宙産業局のページで、2014年11月6日にロシアから打ち上げられた小型地球観測衛星ASNAROの、初期観測結果が年の瀬の12月26日にプレスリリースされています。公開されているデータは、2014年11月14~15日に撮像された、京都・東京・西之島(2014年に火山噴火で拡大したことが話題になった小笠原諸島の島)の写真です。

詳細な分解能や撮像モードの記述がなく、画像そのものもかなりcropされているように見えるので、軌道上で実際にどの程度の性能が出ているのか詳細はわかりませんが、ともかく軌道上での観測が成功したようで、関係者のみなさまおめでとうございます。

ASNAROはJAXAの小型科学衛星シリーズ(SPRINT-A/Hisaki, ERG等)で使われているNEC社の小型衛星用バス(NEXTAR)に工学望遠鏡を取り付けた衛星です。NEXTARバスでは、データ通信インタフェースとして宇宙機内データ通信インタフェースのデファクトスタンダードの一つである「SpaceWireインタフェース」が全面的に採用されています。開発の初期の頃からウォッチしてきた衛星なので、観測が成功してうれしいです。(ASNAROは打ち上げ重量450kgなので、小型衛星の中でも重量級ですが)

参考資料: