【超小型衛星】Chubusat-1の打上後の状況

Pocket

2014年11月6日にDneprロケットによりASNAROの相乗りで打ち上げられた超小型衛星群のうち、Chubusat-1については名古屋大学のオフィシャルサイトで11/17付けで「ChubuSat-1の機能の一部が予期しない動作をしていることを確認」と記載されていました。状態を案じていたのですが、いくつかのニュースサイトでChubusat-2のステータスアップデートがなされるのに伴って、もう少し詳しい状況が公開されていました。

電力系(時事.comの記事に”太陽電池パネルで効率的に自己発電する機能が不調”とあるので、セルやその接続部ではなく、MPPTのための回路のことでしょうか)の不具合により、機能停止中とのことです。得られたlessonが共有されることに期待。

50kg級衛星は、人的リソース・スケジュール・コスト・試験のカバレッジ等さまざまな面で、Cubesatとの質量スケール(もしくはその数乗のスケール)から外れて難しくなりすぎているように感じます。

関連記事

 

Chubusat-1のオフィシャルサイト – 名古屋大学

Chubusat-1_official_site