【世界のWiFi事情】羽田空港国際線ターミナル(手順が煩雑)

Pocket

最近の海外渡航では、よく羽田便を利用します。都心からのアクセスが楽なような気がしていますが、いつも荷物が多いぼくは品川駅のJRと京急の乗り換え階段にいつも苦労させられます。

それで、世界の他の空港と同様、羽田空港でも無料のWiFiが使えます。が、接続完了するまでのステップが他国の空港と比べて異常に長いです。空港WiFiに慣れている人でも、いま接続できるまでのどのステップにいるのかや、「次へ」ボタンがどこにあるのかわからなくなるくらい。

以下、接続までの手順です。

1. 「HANEDA-FREE-WIFI」というアクセススポットに接続。

WiFi_Haneda_1

 

 

2. ブラウザを開いてyahoo.co.jp等にアクセスすると登録画面にリダイレクトされるので、「利用登録」をクリック。MacやiPadだと自動的に登録画面が表示されると思います。移行のステップでは基本的に「画面を下までスクロール」→「オレンジ色のボタンをクリック」で次に進めます。

WiFi_Haneda_2

3. 源氏物語のように長い利用規約を一番下まで読んでくださいと言っています。下までスクロールして「同意する」をクリック。この文章を考えた人も、この画面を作った開発担当の人も、ユーザーである旅客も、誰もが不要と思っているのに表示され続けるこの画面の意味とはいかに。

WiFi_Haneda_3_1

 

長いです。

WiFi_Haneda_3_2

 

4. 名前とメールアドレスの登録を求められます。本当に必要な情報とは思えませんが、入力してオレンジ色の「登録」をクリック。

 

 

 

WiFi_Haneda_5

 

5. 今度はセキュリティレベルについての警告という物騒な画面がでてきます。利用者の99%は意味が分からないと思われるのに「警告」してくれるこのページも、下までスクロールしてオレンジ色のボタンをクリック。

WiFi_Haneda_6_1

 

6. 今度は利用できる場所について同意を求められます。同意してください。同意しないと何が起こるのでしょうか。この画面を用意することを要求仕様書に書いた/書かせた人のセンスはどうなっているのでしょうか。生命の起源と同じくらい謎ですが、同意しないと先に進めません。

WiFi_Haneda_7

 

7. 以下の画面が表示されたらいよいよインターネットへの接続が完了です。空の旅への出発まで、有意義な時間をお過ごしください。

WiFi_Haneda_8

 

それにしても手順が多いなぁ。