【読んだ本】九井 諒子/ダンジョン飯 1巻

[tmkm-amazon]9784047301535[/tmkm-amazon] 漫画家のアイデアは無限に尽きることをしらないのか、と感動させられる一冊。街の地下に広がるダンジョンを攻略して、財宝を見つけるのが人気の仕事になっている世界。一緒にパーティーを組んでいた妹がドラゴンに食べられてしまった主人公が、残った仲間と一緒に妹を助けにいく話、なのですが、食料を調達するお金がないのでダンジョンに出てくるモンスターを食べてしまおうというストーリー。途中で仲間になるドワーフのおじさん「センシ」が教えてくれるモンスターの調理法が絶妙。ダンジョンの罠として設置されている火器を油の加熱に使うとか(その油も煮え油を吹き出す偽宝箱から採ったもの)。オオキノコを切るときに、包丁を横に入れると抵抗があって、筋の方向に切ると抵抗が少ないことに気づいた主人公が、「キノコ系の敵を相手にするときは袈裟切りや胴切りは効果が薄いのかも」と、効率的な戦い方を見いだしたりするのも新しい。なんとなく全体的に危機感のない(死んでも生き返らせられる)、ほんわかとした世界観も○。 20150407ごろ 読了

【読んだ本】高城剛/世界はすでに破綻しているのか?

[tmkm-amazon]9784087860504[/tmkm-amazon] 高城さんの本の定番のテーマになっている、デフォルトした国・都市の話を、時代背景と時系列で振り返る本。 主に取り上げられるのはソ連、1997年の通貨危機に見舞われたアジア(タイ、韓国)、アルゼンチン、スペイン・ギリシャ・キプロスのユーロ圏、デトロイト。 とくにユーロ圏とデトロイトの話は最近もしくは現在進行形の出来事のため、読んでいて勉強になります。アメリカに行って感じる「車がないと何もできない感」は日本の田舎のそれとは比べ物になりませんが、デトロイトでは大手の自動車メーカーの圧力によって公共交通機関が廃止・縮減され、他の都市と比べても低所得者層のモビリティが低下していたことが、治安の悪化と富裕層の人口流出、税収の減少と破綻へつながったというのは教訓的な話です。 専門書ではないのでエピソードをつまみ食いするだけで、定量的な勉強にはならないのですが、「第二次世界大戦のときナチスに攻め込まれた経験や、滞在地にあまりお金を落とさないドイツ人の夏のバカンスの過ごし方に対する不満から、最後まで支援を渋るドイツに対してギリシャ国民が抱く反感」など、ロングタームで問題の関連性をおさらいすることができる良本でした。 20150425 読了   これまで読んだ高城剛本 [tmkm-amazon]9784396112844[/tmkm-amazon]…

WordPressのインポート中に画面遷移が止まるときの対処法

WordPressのサーバを移行するときに、xmlファイルでコンテンツを書き出して、Wordpress Importerを使うことが多いと思います。 インポートの作業中、Import WordPressという画面で何も表示されずに処理が止まってしまう場合は、サイドバーから「プラグイン」→「プラグイン編集」→「編集するプラグインを選択」→「Wordpress Importer」→「選択」して、wordpress-importer/parsers.php というファイルを開いてください。 上から15行目くらいのところにある、以下の行を から に変更して「ファイルを更新」をクリックします。変更箇所はif(の後ろに”false &&…

【読んだ本】那須正幹/ズッコケ三人組の神様体験 (ズッコケ3人組 再読 シリーズ43)

[tmkm-amazon]4591032434[/tmkm-amazon] 花山神社の秋祭り。久々に復活した稚児舞の踊り手に選ばれたハチベエが、踊りの不思議な力で予知能力を手に入れたり超人的な記憶力を手にいれる。ハカセ・モーちゃんなど6年1組のメンバーは、お祭りと一緒に開催される手作りお神輿コンテストに参加することに。コンテストの金賞10万円をかけて、大川高校(モーちゃんのお姉さんが通う高校)や花山工業やSS製菓などのチームとアイデア勝負を繰り広げる。お祭り当日、稚児舞の最中に神様体験をしたハチベエが見たものは…。 稚児舞の練習を始めたハチベエに特殊能力が備わっていく様子を暗示する伏線は、伏線であることがわかりやすいながらもドキドキ感を高めてくれる、那須先生らしい配慮が感じられる展開になっています。物語の最後では、ちゃんと種明かしとオチが用意されていて、すっきりと読み終えることができます。ぼくの地元にも秋祭りがあって、子供たちは獅子舞を、大人は大きな神輿を担ぐ習わしでした。稚児舞の練習風景を読んでいたら、公民館に集まって毎夜練習した小学生時代の秋の風景を思い出しました。 20150412 読了 一つ前: [tmkm-amazon]9784591032428[/tmkm-amazon] 一つ後: [tmkm-amazon]9784591032442[/tmkm-amazon]

【mbed】STM32 Nucleoが(ようやく)Yosemite対応!

STMicroelectronicsのARM系マイコン「STM32」を搭載したmbed対応のボード「Nucleo」シリーズが便利です。arduino互換IOと追加のIOポートがついた20〜80MHzのARMコアが搭載されたボードが1枚1500円くらいという手頃な値段で販売されています。 ARMが構築しているmbed環境は、無料のオンラインの開発環境でコーディング・コンパイルしたり、他人のライブラリのインポートができたりする上に、マイコンボードへのプログラムの書き込みがドラッグ&ドロップでできるなど、非常に便利です。開発言語がC++なことも、プログラムの見通しをよくしてくれるので◯。 STM32 Nucleo F401RE – 秋月電子 1500円 STM32 Nucleo…

【Rubyで単位付き計算】X線fluxをluminosityに変換する例

Soki Sakuraiさんのruby-dimensionalを使うと、Rubyで単位付きの計算がとても綺麗にできます。 たとえば、X線天文でよく出てくる「地球で観測したfluxから等方的な放射を仮定したときのluminosity(光度)を求める」計算は以下のようにできます。(以下の例は、激変星GK Perのdwarf nova outburst時のある観測の0.5-10 keVのluminosityを計算したときの例) これを実行すると、以下のようになります。 ruby-dimensionalのインストール ruby-dimensionalのインストールについては、github上のマニュアルを参照してください。…