[tmkm-amazon]9784873114217[/tmkm-amazon]

ずいぶん前に自分の中でMake熱が盛り上がったときに買ってあった本。去年作った雷ガンマ線検出器で、温湿度測定・高電圧の制御にmbedマイコン(STM32 Nucleo)を使ってみて
、最近の電子工作環境の急激な簡単化と低価格化を実感し、またMake熱が盛り返してきています。手始めにベランダ菜園の自動水やり機をmbedマイコンとモーターを組み合わせて作ろうと考え、Arduinoによる作例が載っているこの本を読み直してみました。

今回作ろうと思っているのはNucleoからMOSFETを操作して、その先につながった水中ポンプを駆動し、ペットボトルから水をくみ上げて草木に水やりするシステム。夏場の出張や帰省のときにも水やりができるように、wifiシールドかXBee+USBシリアル変換を使って、自宅サーバから無線コントロール&インターネットからの遠隔操作ができるようにしたいです。

20150425 読了