【読んだ本】吉田友和/10日もあれば世界一周

[tmkm-amazon]9784334037963[/tmkm-amazon] 「週末海外」の吉田さんの新書。吉田さんの文章は肩肘張っていなくて好きなのですが、この本はタイトルもいいですね。各アライアンスが発売しているお得な世界一周航空券で、行きたいところ・見たいもの・したいことに的を絞って、短い日数でも世界一周を楽しもうという内容。単なるHow to本ではなくて、2014年にご夫婦で実際に(3回目の)世界一周旅行をした記録にもなっています。ぼくも中学生の頃に伝説の名著「バックパッカーパラダイス」(さいとうふうふ)を読んで、世界一周が夢になっていましたが、海外出張にたくさん行かせてもらった反動か、最近はあまり海外旅行に魅力を感じなくなっていました。が、この本で思い直し。近いうちにチャンスが有れば、2-3週間くらい時間をとって世界一周してみたいところです。 20151026 金沢から東京に戻る北陸新幹線の中で読了 吉田さんの他の本 [tmkm-amazon]4795834539[/tmkm-amazon] [tmkm-amazon]4795836736[/tmkm-amazon] さいとうふうふ、伝説の世界一周漫画 [tmkm-amazon]4947702028[/tmkm-amazon]

【読んだ本】たかぎ なおこ/ひとりぐらしも9年め [tmkm-amazon]9784040664576[/tmkm-amazon] 本屋で表紙に惹かれて読みました。ひとりぐらしの悲喜こもごもを、なごむイラストで紹介している絵本。何か人生のためになる含蓄があるかといわれるとよくわかりませんが、田舎から出てきて一人暮らしを体験した人は男女問わず共感できる部分はあるのではないかと思います。著者の表情や動物の表情がかわいらしく、とくに眠い時に目が「33」(のび太くんがメガネを外した時の目)になったり、驚いた時に目が△になったりするのがルールとして徹底されています。DIYにハマって作ったプランターの底が、移動中に抜けてしまうとか、そのものではなくても似たような体験はみなさんしているはず。さらっと読めるので、活字ばっかりの本にあきたときにおすすめです。 ご本人のウェブサイトはhokusoemu.comという気になるURL。Aboutのページにその由来が説明されています(HTMLを勉強しながら自分でホームページを作ったのもいいですね)。 20151021 読了

クラウドファンディングでサクセスしました!

学術系クラウドファンディングプラットフォーム「アカデミスト」で2015年8月から60日間募集していた「カミナリ雲からの謎のガンマ線ビームを追え!」が、目標金額の160%を集めて終了しました!みなさんのサポートのおかげで、ガンマ線検出器は2台くらい製作できそうです。ありがとうございます。 早速、今年の冬の試験観測に向けて、検出器の製作を京大の榎戸さんと協力しながら進めています。昨日今日は、検出器に組み込む電子回路のFPGAロジックとRaspberry Pi用のデータ取得ソフトウエアのデバッグをしていました。つまらないバグでFPGAボードとRaspberry PiのUSB-UART通信が途中で止まってしまっていたのですが、土曜の夕方に解決。今後、Version Bの電子回路ボードが納入されたら、検出器と接続して長時間動作試験をし、信頼性を高めていきます。 試験観測の進捗状況はアカデミストのプロジェクトページやFacebookで随時紹介していきます。 アカデミストでは、現在以下の2件のプロジェクトが進行中です。ビデオを見るだけでも「こういう研究分野があるのか」という新しい視点を得られるとおもいます。よかったらぜひ。 なぜ世界にはいろいろな言語があるのだろうか?(2015年12月12日まで) お腹の中で子育てする魚「ハイランドカープ」の謎に迫る!(2015年11月26日まで)