Macのマウスカーソルを見やすくする(とくにテキスト入力用のIビーム)

Pocket

OS X Yosemite以降、Macのマウスカーソルが見づらくなってしまいました。ドロップシャドウが薄くなってしまったからか、とくに背景が黒い状態(ターミナルなど)で「Iビーム」(テキスト入力用のカーソル)になると、もう全然見えません。カーソルをぐるぐる動かしてもどこにいるかわからないので、すごくイライラします。

MousecapeでIビームを見やすくする手順

Mousecape(githubレポジトリ)というユーティリティを使うと見やすいカーソルに変更できます。(見やすさ以外にも、このツールを使うと、マウスカーソルを任意の形状・デザインに変更できるので、自分ごのみのカーソルにカスタマイズしたい場合にも使えます)。

Mousecape 0.5.0本体のダウンロード
Mousecape 0.5.0 zipファイル

上記のリンクからダウンロードして、zipファイルを展開すると、Mousecape.appというアプリケーションが出てきます。
さらに、以下のファイルをダウンロードして展開。

Iビームを見やすくするデザイン(capeファイル)のダウンロード
NeoCat/enhanced-ibeam (最新版のzipファイル) – on github

zipファイルを展開すると出てくるMousecape.appをダブルクリックして起動。

mousecape_0

File→Import Capeから、enhanced-ibeam-master/mousecape/jp.netcat.enhancedibeam.449227934.453356.capeを選択します。

mousecape_2

以下の様に、Mousecapeのウインドウに登録された状態になります。

mousecape_3

続いて、このEnhanced IBeamをクリックして、メニューバーからCapes→Apply Capeを選択。

mousecape_4

右上に緑色のチェックマークが出てきたら登録完了。

mousecape_5

アクセシビリティ設定でIビーム(マウスカーソル全部)を大きくする

さらに、システム環境設定→アクセシビリティ→ディスプレイ→カーソルサイズを調整して、サイズを大きくしておくと、黒い背景のときにも更に見やすいIビームになります。

mousecape_6