シンガポール日記 Day 10-12 マンション入居と諸手続き

Pocket

(2016年3月26〜28日のお話)
★シンガポール関連のその他の記事は「シンガポール日記の一覧」からどうぞ!

アパートへの引越・入居時の確認手続き

10泊したCarlton Hotelからいよいよ新居へ引越し。スーツケースが4個あるので、タクシーでSomerset駅近くのアパートへ移動。午前10時にアパートの下で、フォーランドの担当の方と、オーナーのエージェントと待ち合わせ。
先方のエージェントと、備え付け物品の確認作業。冷蔵庫や洗濯機がちゃんと動くか、トイレの水が流れるかなどをチェックしましょう。鍵の開け閉め、ゴミや資源の捨て方、郵便物の受け取り方などを聞いておきます。家電のマニュアル、レジデンスのルールブックは、バッグにまとめて渡されるので、棚の中に保存しておきます(マニュアルは一度目を通すと便利。プールの利用時間やゴミの捨て方、バーベキューピットの予約の仕方など細かく書かれています)。
新築物件なので、家具の一部はオーナーから予算をもらって自分たちで買って揃えます。

家具・家電の購入はOGがおすすめ

とりあえず荷物をおいたあと、MRTでQueenstownのIKEAに移動して、折りたたみ可能なダイニングテーブル(IKEA PS 2012)、椅子(POANG)、ストレージ用のラック、TV下のラックを購入。配送してもらうと数日かかるようなので、頑張ってタクシーに積み込んで、アパートまで持ってきました。タクシーはQueenstownからSomersetで$7 (595円くらい)と、とてもリーズナブル。荷物が多かったので、少しですが運転手に謝礼をわたします。
続いて、Somerset駅近くのOGというローカルのデパートで電子レンジ、布団カバーなどを購入。ベスト電機が安いんだろうと思っていたのですが、ベスト電機で$360だったPanasonicの同じ型番のオーブンレンジが、OGだと$269と、8000円以上安く売られていました。湯沸し器や炊飯器などもOGの方が安かったです。今回はすぐ使いたかったので、手持ちで帰りましたが、OGは$200以上は無料(ベスト電機はオーブンレンジの配送料は$30)。シンガポールで家電を揃える場合はOGとベスト電機で価格の比較をするとよいと思います(今回はたまたまかもしれませんが、店員の質もOGのほうが抜群に高かったし・・・)。

ちなみに、シンガポール全体のセールは6-7月ごろなのですが、OGは3月中旬〜下旬にstore-wide(お店全体)20%オフセールをやっているようです。家電も調理器具も服も、殆どの物がセール対象になっているので、3月に引越しされる方はぜひ訪れてみてください。Metroデパートのキッチン家電売場も、たまに激安セールをやっているようなので、Orchard/Somerset付近に買い物に来る場合は、OGとあわせて訪れてみても良いかもしれません(Somerset駅を出てすぐの、隣同士のビルです)。

引越し時に日本から持ってくると良い物

引越1日目にいろいろ小物があると便利です。もちろん現地で買うこともできますが、シンガポールではだいたいのものが日本より2-3倍高いし、お店でこまごましたものを探して買うのも、どこに何が陳列されているか把握するまでは結構疲れます。(価格で驚いたのは、「だしつゆ」が1瓶800円くらいしたことと、ビオレの洗顔剤が1本900円くらいしたこと。日本だとそれぞれ300-400円くらい)

ドライバは絶対持って来るべきでした。何故かわかりませんが、近所のスーパーやデパートにはマイナスドライバーしか売っていませんでした。(少なくともOrchard Centerの)東急ハンズにはDIYグッズは全く売っていないのでご注意。プラスドライバーの入手法は後述。

・目覚まし時計(2個あると、リビングと寝室においておけます)
・はさみ、カッター
・ドライバ+/-(IKEAの家具組み立てに必須)
・旅行用の洗濯物ピンチ
・洗濯用ネット(買うと日本の3-5倍くらいの値段)
・ハンガー5本くらい(洗濯したら、乾燥機を使わずに干したい)
・ひも(洗濯物を干すところがないときに、なんとかするため)
・突っ張り棒(スーツケースに入れば、長いものを)
・電源プラグの変換コネクタ
・ランチョンマット(あるとご飯がちょっと豪華な雰囲気に)
・バスタオル 2枚
・フェイスタオル 数本
・スリッパ(ANAやDeltaのアップグレード時にもらうものを再利用)
・シート上のまないた、まないた立て、包丁
・お箸・お椀・マグカップ・さいばし
・ボウル
・なんでも調理できる鍋(IH対応)
・100均の分類ボックス
・洗面所用品をまとめて入れたり、鍵やメガネ・時計など小物をまとめておくため
・書類分類用ファイル
・ビザの書類や携帯電話・インターネットの契約書類をまとめるため

もしスーツケースに余裕があれば
・保冷剤(ハードケースに入ったものと、首に巻けるタイプを愛用)
・ソフトパックのティッシュ(LIFEとかで売っているもの)
・トイレットペーパー(入居してすぐトイレが使えます)

[tmkm-amazon]404600357X[/tmkm-amazon]

引越し当日に買うと良い物

・ベッドのプロテクトシート(汗取りパッドみたいな敷物)
・シーツ、枕カバー、枕
・掛け布団は、掛け布団用シーツで代用できたので不要かも
・トイレットペーパー
・食器洗い用スポンジと洗剤
・洗濯洗剤(泡が少ない、ドラム式対応のものを選ぶとよいそうです)
・キッチンペーパー(キッチン周りは汚れやすいので)

日本からの荷物

日本を出発する1ヶ月くらい前に、日通の単身パックを申し込みました。決められたサイズのカーゴに入るだけ荷物を詰められるサービス。Lサイズ1基とSサイズ1基を申し込みました。3/27に日本側の住まいに引取に来てくれて、4/15にシンガポールに到着、税関検査に1週間くらいかかって、4/22ごろに到着の予定とのこと。

2016年4月25日に到着しました。写真などはこちら。

工具を買うならLucky Plaza 3FのHandyman Center(もしくはダイソー)

IKEAで家具を買って、配送料をケチってタクシーで家まで運んだのはいいのですが、ドライバーが無いと組み立てられない家具があることが発覚(6角レンチは同梱されていますが、+/-ドライバは自前で用意する必要があります)。

それで、近所のスーパーやグローサリーにあるだろうとたかをくくっていたのですが、全然売っていません(Somersetだと、Fair Priceスーパー、OGデパート、Metroデパート、頼みの綱の東急ハンズのどこにもありませんでした)。ダイソーがあれば、そこで$2で売っているようですが、今回はOrchardのLucky Plazaの中で探してみました。

お土産屋、携帯電話屋、インド系スーパー、薬局、旅行代理店、レストラン、ダイビング用品店など小さいお店が集まっているLucky Plaza。いろいろなお店の人に聞いて回ったところインド系のスーパーのお姉さんが「3Fに工具店があるよ」と教えてくれました。それが以下のお店。3Fの#03-01にある「Handyman Center」。本当に工具専門店で、日本の大きなホームセンター並みの品揃え。ちょっと謎なのは、陳列されている商品が新品だったり中古っぽかったりすることですが、今回はなんとしてもプラスドライバが必要だったので、あまり気にせずプラスマイナス交換可能なドライバを1本$6で購入。

IMG_1802

店員さんに「東急ハンズにもドライバが売ってなくて驚いたよ」と言ったら、「日本のハンズには何でもあるのに、シンガポールのハンズがそんな品揃えが悪いとは知らなかった。今度行って様子を見てこなくちゃね」と言っていた。

日本から引っ越して、家具を自分で組み立てる予定の人も、当面組み立ての予定はない人も、スーツケースに1本持っていて損は無いと思います。(10徳ナイフ的なマルチツールを持っている人はそれで十分かもしれませんが、ネジの数が多いと普通のドライバのほうが断然楽)

DBSで銀行口座開設・StarHubで携帯電話SIM契約

引越しの当日、事前にフォーランドさんが手配してくれた電気・水道関連の書類が届いていました。この書類の宛名部分が、新住所の証明に使えるので、IPA (in-principle approval letter)があれば銀行口座を開設したり、StarHubでSIMを契約することが可能になります。

IMG_1803

ということで、Dhoby Ghaut1のPlaza Singapuraへ出向いて、StarHubのお店でSIM Only Plan (4G回線で3GB/月で$21.5)を契約。IPAだとデポジットが$500追加でかかりますが、EPのカードが発行されたら、それを持っていくと払い戻ししてくれます(実際は料金支払口座に移管されて、毎月の利用料が相殺されていくようなイメージみたい)。

続いて、Somerset駅近くのDBS Scape Branchで銀行口座の開設。入店後、まったく並ばずに応接スペースに案内されて、15分以内で銀行口座の開設とインターネットバンキングの手続きが完了。手続きは数枚の書類にサインして、キャシュカードとインターネットバンキングのPIN(数字6桁)を登録するだけ。日本ではちょっと考えられないスピード感です。

キャッシュカードはDebitカードにもなるし、クレジットカードにもなるそうです。インターネットバンキングには、その場で渡されるパスワードジェネレータ(キーホルダー状のカードに秘密の数字が表示される)が必要なので、海外旅行などの際には一緒に持って行ってね、とのこと。毎月の平均口座残高が$3000以下だと、月末に$5の手数料が引き落とされるそうです(4月の給与の振り込みは間に合うかな)。

StarHubのスタッフも、DBSのスタッフも、みんなテキパキと仕事が早くて効率的。こちらも気持ちがよくなります(日本の携帯電話会社や銀行は、仕事の効率や外国人への対応力など、もうちょっと合理化しないといけないですよね)。

  • DBS/StarHubの口座開設/SIM契約に必要な書類
  • パスポート
  • IPA (まるごと印刷して持って行くとよさそう)
  • もちろん、すでに取得済みならEPの方がbetter
  • アパートに届いた公共料金の書類(住所確認用)

Wireless@SG – 無料の公共無線LAN

StarHubやSingtel、M1といった携帯電話会社と回線契約すると、シンガポールのいろいろな施設で展開されているWireless@SGという公共無線LANを無料で利用できるようになります。通信速度は2Mbpsなので、メールを読んだりウェブサイトを見たりするのには十分ですね。(iPhoneやMacのアップグレードなど数百MB〜GBのダウンロードには厳しいかな)

登録はWireless@SGに接続すると最初に表示されるログイン画面からできます。名前やパスポート番号(もしくはFIN)、携帯電話番号を入力すると、SMSでパスワードが送付されます。iPhoneの場合、専用アプリの「Wireless@SG app」をインストールすると、アクセスポイントを探したり、接続操作を自動化したりできます。

3/27の入居から、StarHubの光ファイバー回線が開通する4/12まで、家でWiFiが使えないので、しばらくWireless@SGにはお世話になります。

引越そば

近所のスーパー「FairPrice」で唯一在庫があった「茶そば」と、別のスーパー「Cold Storage」で買った「だしつゆ」で引越しそばを食べました。これで新生活が始まる感じがします。

その他

「すざく」衛星で2015年3月に観測した矮新星GK Perのデータを解析した論文が、2016/03/24にMNRAS (英国王立天文学会誌)に受理されました。ぎりぎりですが理研在籍中の研究成果が査読付き論文の形で発表できてよかったです。

Takayuki Yuasa, Takayuki Hayashi, Manabu Ishida, “Suzaku X-ray observation of the GK Persei dwarf nova outburst in 2015”, MNRAS, 2016

★シンガポール関連のその他の記事は「シンガポール日記の一覧」からどうぞ!