Month: April 2016

シンガポール日記 Day 45 結婚式に参加

2016年4月30日のお話。 会社の同僚の結婚式 まだ働き始めて1ヶ月ですが、同僚の結婚式(結婚パーティー)に誘ってもらったので、いい経験とおもって参加させてもらいました。会場はBotanic Gardenの中にあるHaliaというレストラン。ビュッフェ形式のディナーで、たくさん並んだご飯がどれもおいしくて感激。チリクラブのパスタや牛肉の煮込み、カニ茶碗蒸しがとくに美味しかった! 公式ページ: Halia at Singaopre Botanic Garden 以下、参考までに、メモ。 会場が5つ星ホテルとかじゃないかぎり、スマートカジュアルでOK。 (新郎新婦の親戚のおばさんたちはカラフルなワンピースの人が多かった。友人・同僚グループは黒系やグレーのパンツに薄い色がついたシャツ(色は何でもOKみたい)を着ている人が多かった。ネクタイ・ジャケットはあってもなくても大丈夫と聞いていましたが、確かにその通り) ご祝儀については、会場のウェブサイトを調べると、ウェディングディナーの料金プランが出ているので、その金額+αを包めばOK。封筒は紅包(ホンパオ; red packet, red envelope)と呼ばれる赤いご祝儀袋。寿は出産祝いの意味になるので、喜が2つ並んだものを使用すること、とのこと。近所のお店で買うか、会社の同僚に分けてもらうかしましょう。今回の結婚パーティーでは、新郎や受付担当の人の準備がよくて、当日受付でもらうことも可能でした。レセプションに赤い箱が用意されているので、そこに投入します。 上司のスピーチ、無理やり感動を誘うような演出、見ていられない余興、もらっても使わない引き出物などの無駄な要素が全然なくて、新郎新婦の挨拶と写真撮影が主なイベント。あとは新郎新婦が各テーブルを回って参加者と話をするという、理想的なスタイル。デザートを食べて、新郎新婦と写真撮影をしたあとはみなさん三々五々帰っていきます。 スクーター(キックボード)でマリーナ・シティまで散策 結婚パーティーは7時からだったので、日が出ている間に昨日購入したスクーターを使ってみようと思い、SomersetからMarinaエリアへいってみました。自転車ほどスピードがでるわけではないし、上り坂や急な下り坂では使えないのですが、平地やゆるい下り坂でのスムーズさは感動モノ。シンガポールは、とくにマリーナやシティエリアでは、歩道もクオリティの高いプレートで舗装されていることが多いので、ほとんどガタつくこともなく、風を切って移動できます。Somersetからマーライオンまで30分くらい。その後ラオパサのホーカーでSugar Cane Juice (サトウキビジュース)を飲んで休憩して、チャイナタウンまで漕いでから、バスで帰宅。折りたためば他の人のじゃまにならずにバスに持ち込んで移動できるのもいいですね(自転車だと、バスに持ち込むのはちょっとむずかしそう)。 ★シンガポール関連のその他の記事は「シンガポール日記の一覧」からどうぞ!

Sharp AQUOSのスピーカーを筐体の外に移動

引越し先のマンションに据え付けられていたシャープのアクオス、画質に不満はないのですが、音がとっても聞きづらい。筐体の中に低音が共鳴して、音がこもった感じになっています。人が話しているシーンでも、「ボーッ」という音しかしません。ネットで検索しても、「薄型テレビでは音が前に出てこない」という投稿が結構でてきますが、同じように感じている人はいるようですね。こんな品質で社内のレビューを通って発売できてしまうのが謎ですが、このままではテレビの役目を果たさないので、改良することにしました。 裏面のネジを20箇所くらい外して、外周を覆っているフレームと裏面のプラスチック板の間にマイナスドライバーを差し込んで、爪を一個ずつ外していくと、裏面全体が外れて、以下の写真のような状態になります。電源回路はキャパシタに高電圧が残っているかもしれないので、危険です。スピーカーは本体の下側に2つついていますが、スピーカーの背面にはケースなどはついていません。スピーカーから出た音は、そのまま筐体内に反響してしまって、人の声や音を聞き取りづらくしているようです。 幸い、スピーカーそのものは簡単に外れる構造になっていたので、2つとも本体から外して、筐体の外に引き出して固定。前からみるとテレビのしたにスピーカーが2つぶら下がったようになってしまいましたが、音質は格段に改善されて、BBCやFOX Sportsもアナウンサーが何を話しているのかわかるようになりました。

シンガポール日記 Day 44 (転職29日目) スクーター購入編

4月上旬から取り組んできた最初のプロジェクト、当初設定したスケジュールをほぼ守ることができそう、と思って最後の試験をしていているところで出現したバグに少し悩まされましたが、マックスウェル・フードセンターのPenang Laksaと、夕方に休憩にいったカフェのカヤトーストでパワーをもらい、無事に解決することができました。 一般的なラクサはココナッツミルクカレー味ですが、ペナン風ラクサは魚のほぐし身が入った色の濃いスープがベース。カレーもほとんど入っていない?麺も太めのそうめんのような麺で、また違った食感。こちらにPenang Lanksaの解説記事があります。→ Awesome Penang Food [tmkm-amazon]404600357X[/tmkm-amazon] 4月最後の平日かつ、金曜の夜で、最初のプロジェクトも大筋では目処が付いたので、気分転換にスクーターを買いに行きました。シンガポールに来てからzoomという電動スクーターに乗っている人を多く見かけて、ほしいなと思っていたところ、Inlinexというインラインスケート・スクーターの専門店@River Walkで試乗できることがわかったので、先週試してきました。最近流行のパーソナルモビリティというやつ。シンガポールは官僚や役所の保身のためのつまらない規制が少なく、比較的土地もフラットなので、電動スクーターや電動1輪車でまちなかを移動しやすく、いろんな会社が参入して試乗が盛り上がっているようです(関係ないけど、日本だと自由に飛ばせなくなったドローンの研究開発の現場としてもシンガポールが盛り上がっているとのこと)。 それで、試乗してみたところ、もうなんというか、全く新しい乗り物という感じで衝撃でした。自転車ともまた違う感覚。板の上に立っていたら、その板がグーンと前に加速していくイメージ。とくにzoomはKERSも搭載していて、(どれくらい回生効率があるのかはわかりませんが)ブレーキングの際のエネルギーを電気に戻してバッテリを充電してくれる機能がついています。F1やプリウスと同じ仕組みですね。お値段はバッテリの容量によって何種類かありますが、大体11,00〜1,200シンガポールドルくらい(10万〜11.5万円くらい)。ほしい!1回の充電で20-30kmくらい走ることができて、最高速度も26km/h。ちなみに電動スクーターをはじめとしたパーソナルモビリティ系のデバイスの法規制に関しては、2016年中に新しいルールが公表されるそうで、準備段階の案についての解説がStraits Timesのこちらのページ (“Bicycles and mobility devices, but not electric bicycles, should be allowed on footpaths: Panel“)にあります。車が走っているような道路での使用はだめで、FootpathやCycling/Shared pathはそれぞれ15km/h、25km/hならOKという区分。 電動だと日本に持って帰って乗れないので、ちょっと検討だなー、と思いつつ電動じゃないスクーター(キックボード)も試してみたら、なんだか電動じゃなくても面白い!価格も1/10なので、まずは電動じゃないものを試してみようということで、129ドルの「Grand Tourer」を購入。翌日の土曜日に、さっそく散歩がてらマリーナエリアまで乗ってみました。…

シンガポール日記 Day 40 (転職25日目)

今回のシンガポールへの引っ越しに際して、平和台のマンションの荷物は、以下のように分類して移動・配送の手配をしました。 家族の家に保管してもらうもの (食器、炊飯器や掃除機などの小型家電、衣類) 研究室のメンバーに引き継いでもらうもの (ダイニングテーブル、レーザープリンタ、カーテン、冷蔵庫、エアコン、ベッド) シンガポールに輸送するもの (Mac、バックアップ用HDD、衣類、いくつかの本、ルンバ、洗面所用品) 泣く泣く廃棄するもの (東京に引っ越してきてから14年間つかった愛しの洗濯機ちゃん) 研究室のメンバーに引き継いでもらうものは、後輩のひとりが申し込んでくれた赤帽のトラックで、平和台のマンションの空け渡し前に各所に配送しました。 [tmkm-amazon]404600357X[/tmkm-amazon] シンガポールに持っていくものは、2月上旬に日本通運に連絡をして、海外単身パック2基を予約。荷物の個数はダンボールが20個、ダンボールに入らない長いもの・大きなものが10個くらいでした。シンガポールについて、マンションの住所が決まってから発送したかったので、日本の3月27日に発送の予約をしていました。(1ヶ月くらいかかるので、あとから思えば住所が決まるよりも前に発送しても大丈夫だったかも。そのほうが入居してから短い時間で荷物を受け取れます) 日本での集荷は3月27日でしたが、一旦横浜の集積場に集められて、書類などが揃ってから日本を出発するということで、船に積まれて日本を出たのが3月30日。4月16日にシンガポール入港。通関手続きなどが住んで、4月25日に配送されてきました。日本側で担当してくれた女性スタッフはメールや電話でも話が早くて、とても高品質なサービスを提供してくれました(通関用の内容物記入書類の記入欄が足りなくなったと連絡したら、すぐPDF版をメールで送ってくれて印刷できるようにしてくれた、など)。 さすが信頼の日本通運、ダンボールも全然濡れたりへこんだりしていないし、ひどく砂埃をかぶっているということもありません。日本で使い慣れた家財が船に積まれてはるばるやってきたかと思うと感慨深いものがあります(シンガポールに売っていないものはないので、全部現地で買えばいいやという人は、船便で荷物をおくる必要はなさそうです。ぼくは、日本で買い揃えたようにいろいろお店を回って買い物するのも大変だし、家族の家においておいてももったいないので、ある程度のものは持ってくることにしました)。工具も届いたので、前の記事でアップロードしたテレビ(SharpのAQUOS)のスピーカーの分解もできました。 ★シンガポール関連のその他の記事は「シンガポール日記の一覧」からどうぞ!

シンガポール日記 Day 31-32 植物園とシンガポールの秋葉原

★シンガポール関連のその他の記事は「シンガポール日記の一覧」からどうぞ! 2016-04-16〜04-17のお話。 シンガポール植物園 (世界遺産) ラッフルズの時代(1820年代)に始まった植物園。 2015年に世界遺産に登録されました。→Wikipediaの記事 Somerset駅からバスで7分。今回はNapier Road沿いの門から入場。園内は広いので、熱中症対策の飲み物、帽子が必須。蘭園以外は無料で見学できます。 花がメインかと想像していたのですが、木が多いです。遊歩道にそって様々な種類の(日本では見たことがない)木が植わっています。 鳥やトカゲ、リスもいろんなところで登場します。動物好きの人は茂みの怪しい動きに注目しましょう。 園内の売店では、Halia (生姜)を使ったジュースや生姜の花を使ったジャムが売られていました。ぼくはもっと甘いモノが欲しかったので、Bandung(バンダン)という、バラのシロップ+牛乳のジュースを飲んでみました(ホーカーセンターで売っていて、前から気になっていたもの)。 シンガポールの電気街 Sim Lim TowerとSim Lim Square SomersetのスポーツバーでF1の中国グランプリを観戦したあと、歩いてLittle IndiaとBugisまで行ってみました。Bugisとリトルインディアの間くらいの場所にあるSim Lim TowerとSim Lim Squareという2本のビルが、シンガポールで有名な「電気街」です。 Sim Lim Tower (公式Web)のほうが部品屋さんが多く、Arduinoなども売っているようでした。秋葉原だと秋月電子とか千石電商とかみたいな。日本から送った電子工作の荷物が届いて、休日に工作を始められるようになったら、部品を買いに来ることもあるかな?…

シンガポール日記 Day 26-30 (転職11-15日目)

2016-04-11〜15のお話。 主に設計とコーディングとミーティング。グローバルな環境なので楽しいです。 何度かチームで食事したり、仕事終わりにバーで1杯だけ飲んだり(お酒を飲む人は半分くらいで、こだわりの水を楽しむ人、ジュースを頼む人もいて、アルコール強制の雰囲気はありません(当たり前ですが))。オフィスが入るビルの1Fにあるバーがおしゃれでよかった。日本の汚い居酒屋だったら飲み会なんて行きたいと思わないけど、かっこいいバーに連れて行ってくれるならいいですよね。 ランチは毎日歩いて3分のMaxwell Food Centerへ。いろんな国のいろんな食べ物が楽しめます。12時を過ぎると2人以上が座れるスペースを探すのは非常に困難になるので、グループで行く場合は11時半ごろか、13時30分以降がおすすめ。食事を買う前に座る場所を確保するのがルールのようで、みなさんポケットティッシュやハンカチ、名刺などを椅子に置いています。一人で座っていて「ここ空いていますか?」と聞かれたらにこやかに「どうぞ!」と言うのもすばらしいマナー(いいですね)。 チャークウェイティアオ(Fried Kway Teow)。4シンガポールドル。甘辛の、幅広の焼きそば。具材についてはいろんなバリエーションがあるようですが、このお店のものはアサリが入っていました。 こちらはマレー系料理のスタンド。Rojakがメインのお店でしたが、ビーフン炒めを頂きました。

【読んだ本】蔵前仁一/旅人たちのピーコート

[tmkm-amazon]4062077906[/tmkm-amazon] 今回再読したのは単行本版。東南アジアを旅行していた時に、マラッカの安宿においてあった文庫版を読んで気に入って、日本に戻ってから買ったもの。東南アジア諸国の活気に圧倒されて、いつかこんなところで働いてみたいと漠然と感じていた当時のことを、シンガポールの自分のアパートのプールサイドでこの本を読みながら思い出します。なんというか、不思議な感じですね。プールから引き上げて、日本から届いたEMSを開けたり、この記録を書いたりしていると、もうすぐ雨がふりそうです。 20160409 再読

シンガポール日記 Day 19-23 (転職4-8日目)

便利だったオープンソースプロジェクトのメモ User space mappable DMA Buffer – github.com/ikwzm 作者さんによるQiita上の解説記事はこちら。 Linuxでユーザー空間で動作するプログラムとハードウェアがメモリを共有するためのデバイスドライバ(Device Tree Overlay対応) – Qiita 別記事ですが、 FPGA+SoC+Linuxのブートシーケンス(概要編) – Qiita も、わかりやすくまとめられていて、とても勉強になります。 その他 MNRAS(英国王立天文学会誌)に投稿して3/24に受理された論文の校正版が届いたので、修正箇所を確認して、問い合わせに返信しました。1ヶ月以内に正式版が公開になる予定です。 Yuasa, Hayashi, and Ishida, “Suzaku X-ray observation of the…

シンガポール日記 Day 16 (転職 Day 1)

ということで新しい職場での初日です。といっても、これまでon-site interviewや、EP申請書の受け取り、EPカードの受取、3/31のワークステーション(机やコンピュータ環境)のセットアップで訪れているので、オフィス自体に来るのは初めてではないのですが、オフィシャルには今日がスタート。 ということで、オフィスマネージャから会社の概要紹介や福利厚生を紹介してもらったあと、エンジニアチームでランチ。 午前も午後も、いろいろなオンラインサービスのアカウントの確認やLinkedinのプロフィール更新などをしていたら一日があっというまに終わってしまいました。新しい職場はこれまでの職場と違ってクラウドでの作業が基本なので、仕事もはかどります。日本だけではないと思いますが、セキュリティリスクを正しく理解せずにクラウドの利用を制限して、職員の時間を無駄な作業(暗号添付ファイルのパスワードをコピーペーストして入力するとか)に使っている研究機関が多いので、スタートアップに見習うところは多いと思います。今後、新しい環境で学んだことは、抽象化した上で、書ける範囲で記録しておこうと思います。 オフィスがあるRed Dot Traffic。 1FにあるRed Dot Design Museum。 中庭にあるカフェ、バー。 ★シンガポール関連のその他の記事は「シンガポール日記の一覧」からどうぞ!