シンガポールで切手を買う【MRTの駅の自販機】

Pocket

SingPostがMRTの駅やモールの中などに設置しているSAMというキオスク端末で切手を買うことができます。わざわざ郵便局まで行かなくても通勤の途中の駅などで切手を買って投函できるので、すごく便利。設置場所はSingapore Postのウェブページから検索できます。

Somerset駅周辺のSAMの設置場所。シンガポール全土で300箇所以上あるようです。
Somerset駅周辺のSAMの設置場所。シンガポール全土で300箇所以上あるようです。

ちなみに2016年現在、シンガポール→日本のエアメールの封書は$1.3の切手が必要です。

こんな感じの端末です。だいたい空いているので、行列に並ぶ必要もなし。
こんな感じの端末です。だいたい空いているので、行列に並ぶ必要もなし。NETSで支払いできます。
シール
シンガポールはシール式の切手で、剥がしたらすぐに貼れるので、手も汚れません。オランダもそうだったな。と思って調べたら、日本も最近はシール式の切手があるんですね。