Wheeler’s Yardで折りたたみ自転車を買った – シンガポール日記 Day 253

今日は朝4時起きでシンガポールオフィス全員が参加するTeam-building event。お昼の12時まで6時間、Paya LebarとEunosの間にあるWillings Heartsというチャリティ施設のスープキッチン(Wikipedia参照; 炊き出し用のごはんをつくる、大きな調理場)でボランティアをしてきました。常時、会社や学校からボランティアを受け入れていて、複数のグループがいっしょに作業します。いろいろな作業がアドホックに発生して「次はこれをお願い」と頼まれます。ぼくは、生のチキンを50羽くらい包丁でスライスしたり、巨大な鉄板でスクランブルエッグを卵1000個分くらい作ったり、サテ(串焼きの総称。今回はチキン)の串を大量生産したりしました。普段はコンピュータの前に座って一日中作業しているので、いい刺激になる作業だったのですが、立ちっぱなしだったので腰が痛い。。。その後はToa PayoのSAFRAに移動してみんなでボーリング。全員が超久しぶりに投げるということで、結果はまぁまぁでしたが、楽しめました。 それで、せっかくToa Payoまで行ったので、帰りは歩いて10分くらいのところにある自転車屋+カフェの「Wheeler’s Yard」へ。ここ数ヶ月、運動不足解消のために買おう買おうと思ってなかなかいいものが見つからなくて保留になっていた、通勤用自転車を探します。家の中に保管する予定なので、折りたたみが前提。ネットで売っている安いものは、万が一、低品質の個体を掴んだときのフレーム破断→転倒が怖いので、現物を見てから買うことにします(日本で乗っていたシティバイクは通販でしたが)。 このお店には50台くらい展示品があるのですが、折りたたみは5-6種類。その中でも、Woop+というブランドの、なかなかかっこよくて軽い20インチのアルミフレームタイプが478ドルだったので、試乗させてもらって、ちょっと値段を交渉してから購入。日本ではかぶってませんでしたが、一応外国にいて怪我をすると面倒なので、ヘルメットも初めて購入。頭が大きいので、XLサイズ(出張でアメリカにいったときに何度か自転車屋でヘルメットを探したときもXLはなかなか見つからなかったけど、今回は10種類以上、XLサイズの在庫がありました)。自転車単体では20ドルくらい、ヘルメット(75ドル)と同時購入で、あともう数ドルおまけしてくれました。ネットだともっと安いのかもしれませんが(オフィシャルの通販では本体が499ドル)、聞いてみるものですね。店員のお姉さんは親切にいろいろ教えてくれました。Google…

Maxwell Food Centerの新しい日本食ストール – シンガポール日記 Day 239

いまのオフィスはRed Dot Trafficという、昔の交通警察の建物をリノベーションした真っ赤な建物にあります。 平日のお昼は、ほとんど毎日といっていいくらい、同僚のエンジニアとMaxwell Food Center(有名なホーカーセンターのひとつ)に通っているのですが、最近あたらしい日本食ストールがオープンしました。「くろ屋」という唐揚げ定食屋さん。#01-02という、ちょっと奥まった場所にあります。メニューは以下のようになっていて、 唐揚げセット(SGD 6.2 / 約465円)…

Vivado HLSのメモ

最近Vivado HLSで高位合成を使い始めました。やっぱり、HDLを生で書くよりも圧倒的に早くコーディング・検証できるので、計算処理の記述ではとても助かっています。もしかすると、他の人の参考になるかもしれないので、作業していて気がついた点をまとめておきます。間違った記述があったらコメント欄で指摘してください。 Co-simulationでhandshake signals are not bundled to AXI_lite slaveというエラーが出る…

F1シンガポールグランプリをみた – シンガポール日記 Day 184

2016年9月16日のおはなし。 シンガポールに来てやりたいことのひとつに「F1シンガポールグランプリをみる」というのがあって、いよいよ待望の9月になったので行ってきました。予選・本戦はテレビのほうがよくみえるので、金曜の夜のフリー走行を見に行きました。 今回は、Raffles Placeにあるチケット売り場に直接行って、1-day Walkaboutの金曜日チケット(SGD 78 == 約5850円)を購入。FP1が始まったあたりの時間に着いたのですが、ほとんど並ばずに購入できました。 シンガポールに住んでいたり、ちょうど来年のこの時期に出張に来ていたりして、観に行こうと思っている人にはこのチケットはとてもおすすめ。以下のマップの緑色のエリアを歩きながら観戦することになるのですが、広々していて、コースにも(車にも)近くて、とても気持ちがよかったです。 それにしてもMclaren…

FT2232のFT245 FIFOモードを使うときの留意点

GRWOTH FPGA/ADCボードでは、USBインタフェースとしてFuture Technology社のFT2232Hを搭載しています。FT2232は、USB2の高速伝送(最高40MBytes/s)に対応したシリアル-USB変換とパラレル-USB変換を2ch搭載したインタフェース変換ICで、秋月ではUSBコネクタ付きのFT2232Dのモジュール版が1450円で販売されています。 チップ単体で720円(RS)と安価で、高速通信できる仮想COMポートが2ポート取れるので、自作FPGAボードを作るときにとても便利なチップです。 A側とB側の2つのChannelは、それぞれ独立した仮想COMポートとしてMacからは認識されます。デフォルトでは、FT232のようなRS232非同期シリアル-USB変換インタフェースとして動作します。外部に設定保存用のEEPROMを付けて、FTProgというWindows用の設定ソフトウエアから設定を書き込むと、Channel AはRS232非同期シリアルモード、Channel BはFT245 Asynchronous FIFOモードで動作させることができます。このモードだと、使用時に専用ドライバ(libftd2xx)からの設定は不要で、普通の仮想COMポートとして認識されつつも最大8MBytes/sくらいの伝送ができてとても便利です(Rubyのシリアル通信ライブラリやboostから使えるので、ポータビリティも高い)。 FT245 Synchronous…