シンガポールのかわいいデザイン切手

先日郵便でとどいた広告に貼ってあった切手のデザインがすごく味があってかわいい絵柄でした。「Vanishing Trade – Dairy Man」ということなので、「消え行く職業 – ミルク売り」といったところでしょうか。こんなミルク売のおじさんがいたらぜひ買ってみたいですが、さすがにシンガポールでは出会えないのかな。他にも同じVanishing Tradeシリーズで、靴職人(Cobbler)や提灯職人(Lantern Maker)など全10種類あるそうなので、今後も受け取るのが楽しみです。 シンガポールに住んでみて気がついたのですが、マンションのポストに投函される広告のクオリティが高い。デザインも洗練されているのですが、広告の紙の紙質がすごくいい。しっかりした紙に、きれいに印刷されているので、おもわず何の広告かくらいは確認してしまいます(見てすぐ紙のリサイクルのところに入れてしまうので、もったいないことには変わりないのですが)。…

Chinese New Year 2017 – シンガポール日記 Day 317

シンガポールで初めてのChinese New Year (旧正月)を体験。西暦で年が明けたころから、オフィスのあるビルの入り口やスーパーマーケットで旧正月の飾り付け(小さいみかんがたくさんなった鉢植えとか、パイナップル・鶏の飾り物など)が増えてきて、チャイナ・タウンの通りには大きな鶏のオブジェも登場して自転車での帰り道に眺めていました。 大晦日にあたる金曜日の夜は、チャイナ・タウンの大通りでテレビの年越し特番のイベントがあったり、屋台が正月前の盛り上がりを見せる(割引とか)ということだったので、仕事が終わってから一旦帰宅し、夕飯を食べてから見学に行ってきました。 チャイナ・タウン周辺は交通規制されているところもあって、Somersetから190番のバスで到達できるのかよくわからなかったので、MRTに乗ってドビー・ゴート経由でチャイナ・タウン駅へ。駅の出口周辺と、大通りの鶏オブジェの周辺は人口密度がとても高い状態になっていましたが、MRTのスタッフやセキュリティ(LTAの人たち?)がフレンドリーに交通整理をしてくれているので人の流れはスムーズです。 Chinese New Year 2017…

シンガポールの東急ハンズ

シンガポールでMDFを買う → Art Friend

5万円台のレーザーカッターとして話題になったFABOOL Laser Miniの動画(撮り方がおしゃれ)をみて以来、レーザーカッターで工作をしたい熱が高まっています。休日に、ビジターでも利用できるレーザーカッターがあるNational Design Centerに入っているPrototyping Labに話を聞きに行きました。料金はその場所を運営しているOMG (One Maker Group)のウェブサイトに出ている金額どおり(セットアップ15ドル、加工は2ドル/分)だったのですが、材料は自分で持ち込む必要があるとのこと。 DIY工作で定番のMDF(medium-density…

2016年下半期のふりかえり

「2016年上半期のふりかえり」を7月上旬に投稿しました。 いつも楽しく読ませてもらっているブログ「ピヨピヨ日記 シンガポール編」に半期の振り返りがアップロードされていたので、これはいいなと思ったのでぼくも取り入れてみることにしました。 もう半年がたったので、今回は下半期のふりかえりです。仕事のことは詳しく書けないので、さらっとしか触れていません。具体的な結果が公式にリリースされたたら、ブログやTwitterなどで報告します(楽しみ)。 今回読んだ他の人のふりかえり だいたい同世代くらいの人たちの振り返り。 今年の振り返り – 現在位置 |…

ESP8266とBME280とIFTTTでIoTボタンをつくった

Amazon Dash Buttonを汎用のIoTボタンとして使っている例がどんどん出てきている中、1週遅れの感じがしますが、ESP8266 + Arduino IDEの組み合わせが劇的に簡単だったので、IFTTTのGoogle Spreadsheet連携を使って、ライフロギング用のIoTボタンを作ってみました。 作ったのが年末休みで、Twitterで#大晦日ハッカソンがナイスタイミングで開催されていたので、投稿してみました。 シンガポールだとまだDashが買えないので、ESP8266とBME280とIFTTTで、Google Spreadsheetにイベントを記録するボタンを作りました(あるあるだけど)。ライフログに使ってみようと思います。入れ物は金沢うら田の愛香菓。#大晦日ハッカソン…