先日郵便でとどいた広告に貼ってあった切手のデザインがすごく味があってかわいい絵柄でした。「Vanishing Trade – Dairy Man」ということなので、「消え行く職業 – ミルク売り」といったところでしょうか。こんなミルク売のおじさんがいたらぜひ買ってみたいですが、さすがにシンガポールでは出会えないのかな。他にも同じVanishing Tradeシリーズで、靴職人(Cobbler)や提灯職人(Lantern Maker)など全10種類あるそうなので、今後も受け取るのが楽しみです。

シンガポールに住んでみて気がついたのですが、マンションのポストに投函される広告のクオリティが高い。デザインも洗練されているのですが、広告の紙の紙質がすごくいい。しっかりした紙に、きれいに印刷されているので、おもわず何の広告かくらいは確認してしまいます(見てすぐ紙のリサイクルのところに入れてしまうので、もったいないことには変わりないのですが)。

関連記事:

シンガポールで切手を買う【MRTの駅の自販機】