Center Point Orchard

シンガポールも中国文化をよく受け継いでいるので新しいお店がオープンするときには獅子舞(lion dance)をよんでお客さんに来てもらう、ということをするそうです(チャイナ・タウンを歩いているときに、運良くみられたことがありました)。石川県のぼくの地元、七尾市の飯川町でも町内の秋祭りのときに小学生が獅子舞の踊り子や楽器を担当するのが慣例でした。毎年の獅子舞の練習や本番のお祭りの雰囲気が大好きだったので、中国風獅子舞もみると楽しい気分になるとともに、獅子の面の作りや踊り子の動き方の違いに見入ってしまいます。

ジャンプの高さと着地の精度がすごい!

Chinese New Yearにはショッピングモールやレジャー施設など各所でLion Danceをみることができます。いろいろなウェブサイトが開催場所と日時をまとめたリストを作ってくれているので、自分のアパートの近くの会場を探していってみましょう。

2017年のLion Dance開催場所リスト

上の写真はOrchardのCenter Pointで開催されたLion Danceの最終日の様子。ポールの上をぴょんぴょん飛び跳ねる、ダイナミックな演技に感動。獅子がおみやげの鶏の人形を口にくわえて、お客さんにプレゼントするようすもかわいいです。

Maxwell Food Center

旧正月の連休明けの1月31日(火)にお昼ごはんを食べにMaxwellに行ってみたら、ここでもLion Danceが各ストールを回って、ちょっとしたダンスと演奏(音がすごく大きい!)を披露していました。最後にストールのオーナーさんから差し出されたRed Packet (お金を入れた赤い封筒)をパクっとくわえて次のストールに向かう様子がかわいいです。日本の獅子舞でも、獅子舞を呼んだ家の人からご祝儀をもらうのと同じですね。シンガポール人の同僚に聞いたところ、Red Packetの中身は数十ドル(数千円)くらいではないか、とのこと。

Lion Dance in Maxwell Food Center from Takayuki Yuasa on Vimeo.

写真ではこんな感じ。

ちなみにこのOld NyonyaというストールのChicken Rendanというチキンのカレーソース煮は信じられないくらいうまい。$4.5 (360円)

Lion Danceと関係ないけど、Chicken Rendanの写真も載せておきます。うますぎて、最初に発見したときは3日連続通ってしまいました。