Month: May 2017

シンガポールでX線写真をとってもらう(捻挫?)

シンガポール日記 Day 441 – 2017年05月31日のお話 ここ3週間ほど左の足首が痛くて、よわったなと思っていたのですが、昨日ようやく会社の近くのChina SquareにあるMW Medicalというクリニックで診察してもらいました。 軽い捻挫(sprain)じゃないかしら、ということで、4週間から6週間でなおるわよ、とのこと。腫れを抑える薬を出してもらって、念のためX線も撮ってもらうことに(panel clinicという、会社の保険が適用されるクリニックだと、outpatientとX-rayの費用がas chargedでカバーされるので、費用負担はなし)。 X線の装置はこのクリニックにはないので、紹介状を書いてもらいます。保険会社がX線の撮影をする会社に直接費用を払うために、紹介状には保険会社の案件番号を記入する欄があります。あとで電話がかかってきて、クリニックが申請してくれた番号を記入します。 ぼくの場合はOrchard RoadのParagonの7階にあるLifescan Imagingという検査会社に紹介されました。朝は8時半からやっているということなので、会社に行く前に歩いてParagonへ。 7階につくと受付があって、紹介状を受付ボックスに入れて待っていると、名前を呼ばれて、住所等の確認のあと、同じフロアの撮影室へ移動。2回、違う角度から撮影。待ち時間をいれて全部で30分くらいで終了しました。撮影したデータは検査会社からクリニックに送ってくれるとのこと。後日もう一度言って、様子を聞いてきます。 そういえば、パラゴンの隣に、東南アジア発のApple Store “Apple Orchard Road”がオープンしていました。先週の5月27日(土)にオープンしたようです。ほとんどガラス張りで明るそうなつくりでした。今度週末に行ってみよう。

Kindle Unlimitedで「1 Clickで今すぐ購入」ボタンを消す(AdBlock Plus)

背景 AmazonのKindle Unlimitedに加入して、雑誌などをたまに読んでいます。本の入れ替えをするときにAmazonのサイトからUnlimited対応の本を選んでいると、いつのまにか「関連する本」などに表示されているUnlimited非対応の本に誘導されて、「1 Clickで今すぐ購入」ボタンをクリックしそうになるときがあってイライラしていました。こんな、利用者を陥れるようなやりかたはフェアではないと思います(し、すでに何年も前からユーザから指摘されているのに、改善できないという段階で組織としてはかなり厳しい状態だと思います。Amazon便利だし日々AWSにお世話になっているけど・・・)。 以下のページで紹介されているように、Chrome拡張を作って公開していた方もいたようですが、ぼくはSafariユーザなのと、この方のChrome拡張はダウンロードできなくなってしまった(ぼくの調べ方が正しくない?)ようなので、自分で設定しました。 Amazonでの1-Clickボタン誤クリックを防ぐChrome拡張 – Hirox Lab AdBlock Plusのフィルタ AdBlock Plusのフィルタに以下を追加すると、amazon.co.jpで1 Clockで購入ボタンと1 Clickで予約ボタンを非表示にできます。これで、やや快適にUnlimited対応の本を選ぶことができるようになりました。

シンガポールで自転車を修理してもらう

シンガポール日記 Day 423 – 2017年05月13日のおはなし。 先週、会社から自転車で帰ってくるときに、マンションの前の坂道を登っているところでギヤを変えたら後輪のチェーンが外れてしまいました(自転車を買ったときのブログ記事はこちら→ Wheeler’s Yardで自転車を買った – シンガポール日記 Day 253)。なんとか家に転がして持ち込んで、自分で直そうと思ったのですが、スプロケットとスポークの間の深いところにチェーンが落ちこんで、完全にスタックしてしまっています。15分くらい格闘したのですが、手が油でベタベタになってしまったのであきらめて自転車屋に持っていくことにしました。 この週末、ちょうどUberが午前6〜11時の利用は50%オフというキャンペーンをやっていたので、土曜の朝少し早く起きてSomersetからWhampoa Market/Food Centerの近くにあるWheeler’s YardへUberで移動。3.9ドルで移動できました(格安)。自転車は折りたたんでトランクに積ませてもらいました(トランクを汚さないように、ダンボールと新聞紙を持参して敷きます)。 15分くらいで着いて、10時半からの開店準備をしているお姉さんに、修理をお願い(半年くらい前にここで買ったんだけど、というと、「ああ、覚えてると」とのこと。頭が大きくてヘルメットを何個も試着したから覚えてくれたのかも)。 結局、お姉さんだけの力だけではスタックしたチェーンは取り外せず、別のおじさんにも加わってもらいます。チェーンを一度切断し、後輪を取り外して、スプロケットを車軸からずらしてなんとか噛んでいる部分からチェーンを外してくれました。結構大掛かりな修理で、修理後の調整含めて30分くらいかかりました。修理代は15ドル。最初にギヤチェンジしてチェーンが外れたときに無理にペダルを漕がなければ、こんな大変なことにならなかったはずなので、次回へのレッスンとなりました。 このWheeler’s Yard、併設されているカフェはおしゃれな雰囲気のですが、値段が高い・料理の質がいまいち・店員のサービスが悪いというので、Facebookの口コミ欄はかなりネガティブなコメントが出てきています(2016年の後半にシェフが変わったから?という噂がでていますが本当蚊どうか知りません)。でも、となりの自転車販売・修理のセクションは普通の自転車屋です。店員さんは、ヘルメットの性能やシンガポールでの自転車の乗り方など、質問するとちゃんと教えてくれます。それほど在庫の種類があるわけではないですが、「高級なブランド品でなくていいから500-800ドルくらいで、ちゃんとした折りたたみ自転車を買いたい」という人にはおすすめできるお店だと思います。 帰りは近所のバス停から124番のバスに自転車を折りたたんで載せて、Orchard Roadまで帰ってきました。 自転車とは関係ないけど、下の写真は修理を待っているときに雨が降ってきて、やんだところで水を飲みにきたマイナの様子。

Raspberry Pi 3 (Jessie)にroot 5.34.36をインストール

GROWTH実験で使用するFPGA/高速ADCボードと制御・読み出し用のDAQソフトウエアは、高エネルギー実験でよく使われるCERN/ROOTのROOTファイル形式で波形データを書き出す機能があるのですが、動作試験ができていなかったのでいくつかバグがありました。 Raspberry Piにrootをインストールして動作確認する必要があったので、以下の手順でインストールしました。 ssh -YでRaspberry Piにログインしている場合、rootだけで起動するとおなじみのスプラッシュスクリーンがでてきます。 インストールした環境は GROWTH-DAQのバグについては修正完了後、インストール方法や実行例の記事をアップロードします。 ちなみに、Raspberry Pi上でのコンパイルはmake -j4で1時間以上かかるので、近所にフードコートがある場合はThunder Tea Rice (擂茶饭; バジル・ミント・小豆・ピーナッツ・いんげん・揚げ豆腐やミートボール・ナスの肉詰めが載ったごはん。抹茶や豆が入ったスープと一緒にいただく)を食べて待ちましょう。 ぼくはいままでTanjong Pagar Plaza Food CenterとAmoy Food Centerで食べました(写真はTanjong Pagar Plazaのほう)。どちらもとても美味しい。Tanjong Pagar Plazaの2階のお店のほうが具の選択肢が多いです。 シンガポールのグルメサイトでは各地のThunder Tea…

新しいオフィス@Far East Square

会社のオフィスがTelok AyerとChina Townの間にある、Far East Squareにに移動しました。 Maxwell Food Centerの近くのRed Traffic Buildingに比べて、CBD (Central Business District)に近づきました。移動距離は500mくらいですが、通勤のときの景色やランチのお店が変わりました。 近場のフードコートはGolden Shoe Food Center (今年いよいよ閉鎖されるのではないかという噂)やHong Lim ComplexのFood Centerです。Hong Limは、もともと中華系の人たちが多く住むエリアにあるということで、中華料理のお店が多いですね。 2016年4月にシンガポールに来てから1年間はたらいたRed Dot Traffic Buildingとはしばらくお別れ。隣のMaxwell Chamberが拡張して、この建物はベージュに塗られてしまうそうです。vividな赤色が好きだったので残念だけど、リニューアルオープンしたら見に来てみたいですね。

端午の節句の兜と青柏祭

5月5日で端午の節句ということで、七尾(石川県)の祖父母の家で兜をかざってくれました。最近は兜の頭の部分しか飾らないことが多かったのですが、今回は全身分を出してあります。写真でみてもかなり大きいね。 会社の同僚(以前日本で2年くらい働いていた)に話したら、そういう風習は知らなかったとのこと。今度何かのときに話がでたら、この写真を見せられるようになったので説明にも便利です。 ちなみに5月の連休のときに七尾では青柏祭という奇祭が開催されます。東京に住んでいる人は一度は見に行くといいと思います。古い町並みのなかを巨大な山車(英語ではfloatというかな、とのこと)がすごいスピードで引き回されます。

タイ大使館でのタイフェスティバル

シンガポール日記 Day 414 – 2017-05-04のお話 5月の第一週は、シンガポールでは5月1日のMay Dayが祝日ですが、それ以外は普通の平日です。が、今回はめちゃくちゃ忙しかった3〜4月の週末の代休を取得して、1週間まるまるお休みにしました。 5月4日はオーチャードロードにあるタイ大使館で開催されていたタイフェスティバルに行ってきました。タイの物産展とお食事コーナーが合体したようなイベント。大きなテントの下に、彫刻や布製品、ドライフルーツやはちみつ、石鹸などを販売するブースがたくさん出ています。お昼時だったのでフードストールはどれも行列していました。 そんな中でもひときわ人気だったのが、この焼き菓子。クレープの生地をパリパリに焼いたものの上に、クリームとココナッツを刻んで甘く味をつけたものが載ったクッキー。8個入で4ドル。15分くらい並んで買って食べてみましたが、うまかった。他のブースではこれの既製品も売られていたので、定番のお菓子なんですね。知らなかったので検索してみたら、バンコクナビに出ていました。「カノム ブアン」というそうです。 → 「可動式、神出鬼没の人気お菓子」- 街角タイスウィーツ特集 – バンコクナビ