5月5日で端午の節句ということで、七尾(石川県)の祖父母の家で兜をかざってくれました。最近は兜の頭の部分しか飾らないことが多かったのですが、今回は全身分を出してあります。写真でみてもかなり大きいね。

会社の同僚(以前日本で2年くらい働いていた)に話したら、そういう風習は知らなかったとのこと。今度何かのときに話がでたら、この写真を見せられるようになったので説明にも便利です。

ちなみに5月の連休のときに七尾では青柏祭という奇祭が開催されます。東京に住んでいる人は一度は見に行くといいと思います。古い町並みのなかを巨大な山車(英語ではfloatというかな、とのこと)がすごいスピードで引き回されます。