Raspberry Pi 3 (Jessie)にroot 5.34.36をインストール

Pocket

GROWTH実験で使用するFPGA/高速ADCボードと制御・読み出し用のDAQソフトウエアは、高エネルギー実験でよく使われるCERN/ROOTのROOTファイル形式で波形データを書き出す機能があるのですが、動作試験ができていなかったのでいくつかバグがありました。

Raspberry Piにrootをインストールして動作確認する必要があったので、以下の手順でインストールしました。


$ sudo apt-get install -y libx11-dev libxft-dev libxext-dev libxpm-dev

$ install -d $HOME/work/root
$ cd $HOME/work/root
$ wget https://root.cern.ch/download/root_v5.34.36.source.tar.gz
$ tar zxf root_v5.34.36.source.tar.gz
$ cd root
$ ./configure --with-x11-libdir=/usr/lib/arm-linux-gnueabihf/ --with-xpm-libdir=/usr/lib/arm-linux-gnueabihf/ --with-xft-libdir=/usr/lib/arm-linux-gnueabihf/ --with-xext-libdir=/usr/lib/arm-linux-gnueabihf/

# ビルド
$ make -j4 &> log_make.text

# インストール
$ export ROOTSYS=$HOME/work/install/         
$ make install
 
   ============================================================
   ===                ROOT BUILD SUCCESSFUL.                ===
   === Run 'source bin/thisroot.sh' before starting ROOT ===
   ============================================================
Installing binaries in /home/pi/work/install//bin
Installing libraries in /home/pi/work/install//lib
Installing headers in /home/pi/work/install//include
Installing /home/pi/work/install/root/root/main/src/rmain.cxx in /home/pi/work/install//include
Installing cint/cint/include cint/cint/lib and cint/cint/stl in /home/pi/work/install//cint
Installing icons in /home/pi/work/install//icons
Installing fonts in /home/pi/work/install//fonts
Installing misc docs in /home/pi/work/install/
Installing tutorials in /home/pi/work/install//tutorials
Installing tests in /home/pi/work/install//test
Installing macros in /home/pi/work/install//macros
Installing man(1) pages in /home/pi/work/install//man/man1
Installing config files in /home/pi/work/install//etc
Installing Autoconf macro in /home/pi/work/install//build/misc
Installing Emacs Lisp library in /home/pi/work/install//build/misc
Installing GDML conversion scripts in /home/pi/work/install//lib

# 起動できるかどうか確認
$ source $ROOTSYS/bin/thisroot.sh
$ root -l
root [0] .q

ssh -YでRaspberry Piにログインしている場合、rootだけで起動するとおなじみのスプラッシュスクリーンがでてきます。

インストールした環境は

$uname -a

Linux raspberrypi 4.4.13-v7+ #894 SMP Mon Jun 13 13:13:27 BST 2016 armv7l GNU/Linux

$ cat /etc/os-release

PRETTY_NAME="Raspbian GNU/Linux 8 (jessie)"
NAME="Raspbian GNU/Linux"
VERSION_ID="8"
VERSION="8 (jessie)"
ID=raspbian
ID_LIKE=debian
HOME_URL="http://www.raspbian.org/"
SUPPORT_URL="http://www.raspbian.org/RaspbianForums"
BUG_REPORT_URL="http://www.raspbian.org/RaspbianBugs"

GROWTH-DAQのバグについては修正完了後、インストール方法や実行例の記事をアップロードします。

ちなみに、Raspberry Pi上でのコンパイルはmake -j4で1時間以上かかるので、近所にフードコートがある場合はThunder Tea Rice (擂茶饭; バジル・ミント・小豆・ピーナッツ・いんげん・揚げ豆腐やミートボール・ナスの肉詰めが載ったごはん。抹茶や豆が入ったスープと一緒にいただく)を食べて待ちましょう。

ぼくはいままでTanjong Pagar Plaza Food CenterとAmoy Food Centerで食べました(写真はTanjong Pagar Plazaのほう)。どちらもとても美味しい。Tanjong Pagar Plazaの2階のお店のほうが具の選択肢が多いです。

シンガポールのグルメサイトでは各地のThunder Tea Riceの比較紹介も出ています。

7 Thunder Tea Rice (擂茶饭) In Singapore That Will Bring Thundering Flavours To Your Mouth

丸の内のオフィス地下街とかに出店したらヘルシーランチとして流行りそう。