シンガポールの多民族共生・前向きな社会の雰囲気 – シンガポール日記 Day 501

2017年07月30日のお話。 オーチャードロードに買い物・散歩に行く途中にあるYouth Parkという、屋外ステージとちょっとした芝生のエリアには、The Red Busというバスの模型が展示されています。日曜日になると出稼ぎのお手伝いさんたちがピクニックをしたり、子どもたちがけん玉の練習をしていたりと賑やかです。 このバスのペイントにも、シンガポールの多民族共生や、前向きな社会の雰囲気の醸成に力を入れている姿勢が感じられます。すばらしい。ちょっとしたペイントなのですが、こういう表現がいたるところに(企業の広告などでも、かならず中華系だけでなく、マレー系やインド系の登場人物もピックアップされ、みんなが力を合わせて問題を解決したり、楽しい時間を過ごす)あることで、多民族のご近所さんと仲良くしたり、他の文化を尊重することが「良いこと」であり、多民族共生と調和を実現できることが「シンガポール人のアイデンティティ」として社会全体が認知するのにやくだっていると感じます。街を歩いている人も、どこか楽しそう。 そういえば、「さいとうふうふ」(20年ちかく続いているブログ)が2年半世界一周をしてから日本に帰ったら、暗い顔をして歩いている・電車に乗っている人が多いことが印象的だったと描いていました(名著「バックパッカーパラダイス」参照)。この漫画は1992年ごろの日本の話ですが、25年たってもあまり状況は変わっていませんね。マスメディアや国、大企業が協力して、もっと楽しそうな・前向きな社会の雰囲気を醸成できるといいのになぁと感じます。

久々にプール – シンガポール日記 Day 501

2017年07月30日のお話。 日曜日、暑かったので、数カ月ぶりにマンションのプールに入ってみました。ちょっと入ったあとは、プールサイドのベンチでKindleで読書。高城剛「多動日記(1)」を読了(毎回書いてあることが同じで、安心して読めます)。いやー、いいお休みでした。 晴れていたこともあって、景色がすごくきれいでした。マリーナ地区やCBDのビル群もよく見えます。 ご近所のマンション群。デザインがそれぞれ個性的なのと、日本みたいに直角・平行に整列して建っていないおかげで抜け感があり、密度が高いわりに圧迫感はほとんどありません。

Doodle for Singapore (シンガポールのらくがき) – シンガポール日記 Day 507

2017年08月05日のお話。 翌週ダッカからシンガポールにやってくる友人が、日本食が食べたいと言っていたので、オーチャードのWisma AtriaのJapan Food Townを視察。唐揚げ定食を食べてきました。その帰り、Mandarin Orchardの前の歩道で、Doodle for Singaporeというイベントをやっていました。8月9日のNational Day(独立記念日)にあわせて、Band of…

Maxwell Food Centerに豚骨ラーメン屋さん – シンガポール日記 Day 497

2017年07月26日のお話。 お昼どき、5分くらい自転車をこいで久々にMaxwell Food Centerまでご飯に行ってみました。目当てにしていたLala White Beehoonのお店(フルーツジュース屋さんの隣)は、なんとすでに閉店。すごく美味しくて、人気もありそうだったのに、残念。しょうがないので他のストールを見て歩いていると、3列目の並びに新しく豚骨ラーメン屋さんができていました。 お店の人に聞いてみると先週オープンしたお店で、チェーン店ではないとのこと。応援する意味も込めて注文。Maxwellには3月ごろまで「くろ屋」という、美味しい日本風からあげ屋さんがあったのですが、立地がわるかったためか閉店してしまいました。日本食ストールはどうしても値段が高めになってしまって、激戦地のMaxwellでは苦戦しやすいようなので、このラーメン屋さんにはがんばってほしいです(ショッピングモールに入っているラーメン屋だと1杯12~ 15ドルはするので、このストールの料金設定はとても良心的で、味もよい)。