引っ越してきてオーチャードのOG(小型家電はベスト電器よりお買い得なことが多い)で購入したフィリップスの湯沸かし器。お茶屋コーヒーを飲むときにすぐ(1分くらい)でお湯が湧くので、購入後1年半ほど便利に使ってきました。

数日前に、持ち上げると中(湯沸かしの水を入れる部分じゃなくて、底の部分)でカラカラと音がなるようになってしまいました。通電時には1800Wも消費して、おそろしい熱量で水を沸騰させるので、中で中途半端にショートしていたりすると、本体部分なんか簡単に溶けてしまいます。危険なので修理することにします。

裏蓋を外す

3つのネジのうちの一つがいじりどめのネジになっています(マイナスネジの真ん中が膨らんでいて、普通のマイナスでは回せない)。幸い、昔Macの修理用に購入した特殊ドライバセットに対応するビットがあったので取り外すことが出来ました。

Amazonだとたとえばこのセットに入っていますね。

https://www.amazon.co.jp/AC6088A-38in1特殊ドライバーセット-ヘクスローブ-iphone5-ハッピーセット/dp/B00ASARYZQ

接点を固定するためのネジが外れている

蓋をあけてみると、ネジが外れて転がっていました。これがカラカラ音の原因。このネジは台座から電源供給を受ける接点部品を固定するためのもののようです。写真の左下のネジ穴にネジがハマっていないのがわかります。これのネジを締め直して修理完了です。

蓋を閉じて抵抗を測定

万が一どこかをショートさせていると怖いので、手持ちのテスターで抵抗値を測定したところ、35Ωくらいだったので大丈夫なようです。商用電源の電圧が240Vだとすると、お湯を沸かしているときは240 V / 35 Ω = 6.8 Aも流れるようです。そりゃはやくわきますね。。。すごい熱量。