【読んだ本】前野ウルド浩太郎/バッタを倒しにアフリカへ

Pocket

半年ほど前に、榎戸さんがTwitterで紹介していた、元京大白眉の昆虫研究者のエッセイ(?)本。9月に日本に帰省したときに家族が買っていて、12月のアメリカ出張のときに借りて読んでみました。Amazonのレビューでも大絶賛されているように、文章がほんとうに上手です。昆虫の研究と、天文や物理の研究のスタイルの違いを楽しみつつ、分野をこえて共通する有期雇用のポスドク研究者の葛藤に相槌をうちながら、あっという間に読めてしまいしました。

バッタ大量発生の全貌を解明と食糧危機を引き起こさない防除手法の開発は、この本だけでは全然終わらないテーマなので、今後の発展に期待ですね。