カラフルなショップハウス – Niel Road シンガポール日記 Day 649

Pocket

2017年12月25日のおはなし。

クリスマスの祝日だったので、引越し先のエリア探しのために、Outram Park周辺を散歩。高層のHDBやコンドミニアムの周りに、まだまだショップハウスが残っていて、しかもそれがちゃんとメンテナンスされて、おしゃれにペイントされていて、すごく素敵です。

場所はこのあたり。

この位置から後ろを振り返ると遠目にもすぐそれとわかる超高層・大型HDB The Pinnacle@Duxtonが。展望台は前に訪れたときは雨天閉鎖中だったので、また行ってみましょう。

Neil RoadからKeong Saik Roadに少し入ったところに、Foong Kee Coffee Shopというダックライス・ダックヌードルの美味しい店があります(一品$5くらいと、手頃だけどめちゃめちゃ美味しいです)。会社の同僚が好きなお店で、Red Dot Trafficにオフィスが会ったときに何度か連れていってもらいました。

Outram Parkのショップハウスは、(超高級)住居として使われているものも多い印象。壁に昔風のイラストが描かれたものもあって、雰囲気が出ます。

帰りにTanjong Pagarの駅まで歩いてみたら、駅の周りの工事が終わってすごくきれいになっていました。こんなに緑が多い、広々した地下鉄の駅が、オフィス街の真ん中にあるんだから、シンガポールのCity in a Gardenへ邁進する気迫のようなものを感じます。

途中立ち寄った100AMのHIS(旅行代理店)に、石川県小松市の観光客誘致用の特設ブースがあったのにびっくりしました。金沢以外の石川の町は、日本の中でも秘境(いままで誰も観光にいかなかった)的な感じがあるし、石川県出身者ですらどういう観光名所があるか知らないところなので、行ってみると何か発見があるかもしれません(何もないかもしれないけど、紹介ビデオとパンフレットはちゃんとしていて、食べ物・庭・神社仏閣など日本的要素がきれいにまとまっていました)。