GROWTH FPGA/高速ADCボード – 1 – 概要など

昨年アカデミストを通じてクラウドファンディングにも挑戦した「雷雲ガンマ線実験(雷雲中の高電場での粒子加速に迫るための実験 = GROWTH実験)」の、2016-17年の冬シーズンの観測実験にむけて、ガンマ線検出器の小型化と多点観測にむけた量産を進めています。(ちなみに実験の初期の頃の信号処理システムは、大型のデスクトップマシンと「VME」や「NIM」という規格のこれまたデスクトップPCくらいのサイズのADC/アンプボードでした。これらを格納するために人が入って数日暮らせるくらいの大きさのアルミフレーム製の小屋を(榎戸さんが)作って観測場所に持って行きました。信号処理回路やPC、データ記録装置(SDカード)まで含めて10cm角サイズに収まるようになったことは感動的なエレクトロニクス技術の進歩です) 雷雲ガンマ線実験(GROWTH実験) – 京都大学の榎戸さん、原研の土屋さん、東京大学の中澤さん、和田さん、奥田さん、理研の中野さんなどと進めている楽しい基礎科学の観測実験プロジェクト。2015年度の観測結果のまとめは「冬季雷雲のガンマ線測定を狙う多地点観測システムの新規開発」(榎戸、湯浅、和田ほか 2016年5月)を参照してください。 先日、榎戸さんの研究費でシマフジ電機とともに開発したFPGA/高速ADCボードが届いたので、週末や夜の時間をつかってFPGAのコーディングを進めました。2015年度の観測装置のSpartan-6 FPGAボードで動いていたパルス計測用のVHDLコードが、今回のボードのArtix-7 FPGAとAD9231という50Mサンプル/秒のADCチップでも動作するようになりました(8月最終週)。また、9月3-4日の週末を使って、このFPGA/ADCボードに載せてあるSPIのSlow ADC/DACとLED、GPIOピンをRaspberry…

BNC/QLAコネクタのメモ

パルス計測の実験装置(CSAとかバンドパスフィルタとか)のケースを製作するときに使用するコネクタのまとめ。 HUBER-SUHNER社のカタログは、いろいろなコネクタの特性(周波数帯域等)や図面を詳細にまとめてくれているのでとても参考になります。 BNC 22_BNC-50-0-5/133_NE パネルマウント (ジャック) 12_BNC-50-0-1/133_NE パネルマウント (レセプタクル) QLA…

【PIC】XC8で使用するRAM領域を制限する

自分用メモ。ちゃんと動くようになったら、サンプルをまとめたいと思います。 高エネルギー実験用のFlashADC FPGAボードのかなり大規模なVHDLコードの開発をしているのですが、FT2232D経由のシリアルデバッグを簡単化するために、CQPIC (PIC16F84のVHDL実装)をソフトコアCPUとして用いてソフトウエア制御しようと思っています。 まずは練習として、MPLAB Xで簡単なmain関数をC言語で記述し、コンパイルして生成されるHEXファイルを用いてXilinx ISEで動作シミュレーションするところまでは動きました。 外部IOの数が限られているので、今後、RAMをdual portにして特定領域にVHDL IPコア側からデータを書き込んで、PICに処理させるということをしてみたいと思います。そのために、XC8…

BricsCADのMac版のベータリリース

2014/05/19付けで、BricsCADのMac版のベータテストのお知らせがでていました。Macユーザで、高機能で使いやすく、しかもリーズナブルなCADを探している人はぜひお試しください(ぼくはWindows版を持っていて、2年くらい前からMac版の開発がアナウンスされていただので、心待ちにしていました)。 さっそく申し込んだので、approveされればベータ版を使うことができそうです。 BricsCAD Mac Beta BricsCADの紹介は以下の日本語版サイトが参考になります。