Category: Maker

Maker Faire Singapore 2017 – シンガポール日記 Day 493

2017年07月22日(土)のおはなし。 去年のSUTDでのMaker Faire Singapore 2016に続き、今年も行ってきましたMaker Faire Singapore 2017。今年の開催場所はジュロンにあるScience Center(子ども科学博物館)。本当はmakerとして参加したかったのですが、いくつか検討していた作品がどれも完成しなかったので来年に持ち越し。ただの見学者として参加です。(2月にあった事前説明会 Towhallには行ったけど、結局申し込みできず→ その時の記事「Makers Townhall at Science Center – シンガポール日記 Day 332」) まとめ 展示内容 他に唯一参加したことがあるMaker Fair Tokyoとくらべると、シンガポールは以下のような特徴があるように感じます。 小中高校生の展示が多い(発表・質問への受け答えが堂々としている) 日本のSTEM教育もどんどん世界標準のデバイスや教育プログラムをとりこんで、ガラパゴス化しないようになるといいですね。部活動でスポーツをやるのもいいけど、(英語と)数学と科学とプログラミングができるようになっておくと後々の年収に大きな差がつきます。 電子工作系のプロジェクトでArduinoやRaspberry Piよりもmicro:bitの使用率が高い…

NucleoとmbedのWeb IDEと加速度計で傾きアラームをつくる

メイカーの趣味を実生活に役立てるため、傾きに応じてブザーがなる装置をつくることになりました。以下が、ブレッドボードでプロトタイピングしたものの動作イメージ。 使用した部品 以下の部品を使用します。マイコン制御が必要なときにいつも使っているNucleo + mbedの組み合わせです。 Nucleo-L432KC (ブレッドボードにさせるCortex-M4マイコンモジュール) 加速度計 LIS3DH(秋月電子のDIPモジュールAE-LIS3DH) この加速度計をI2Cで読み出すためのライブラリはすでにを使うと一瞬です。 3軸の加速度情報がfloat[3]で取得できます。 裏面のサーフェスジャンパを3個ともはんだ付けして、I2Cで読み出せる設定にします。このモジュールのI2Cのアドレスは0x30になります(あとでライブラリのコンストラクタに渡すときに使います)。 ブザー (発振回路内蔵で電圧をかけるだけで音がでるもの; 秋月で100円のPB03SD12を使用) NucleoのGPIOピンの出力を直接接続。 配線 ブレッドボードにならべて、以下のようにピンを接続します。 プログラム開発の手順 mbedのウェブ上のIDEで、Nucleo-L432KCをプラットフォームとして追加し、新規プロジェクトを作成。テンプレートは”Display a message on PC using UART”等でOKです。 メニューバーのImportボタン→ 検索フィールドからLIS3DHを検索。Kenji…

Makers Townhall at Science Center – シンガポール日記 Day 332

昨日、Science Centerで開催されたMaker Faire Singapore 2017の説明会に参加してきました。4日間にわたるMaker Summit (キーパーソンによる講演)、Maker Conference (トーク)、Maker Faire (メイカーによる展示)のそれぞれのイベントの紹介と、会場となるScience Centerの施設のツアーがありました。 Science Center内の展示は、昔通った地元の児童会館(七尾児童会館)を思い出させる、古き良き科学館という印象。お土産屋さんも懐かしい感じで、とても味があっていい感じです。緑色の丸が縦に2つ並んだ装置は、チェーンで一番上まで運ばれた金属のボールが不思議な形のレールを転がってくる装置。こういうのは、いつまでみてても飽きません。 出展申し込みの第一弾締切は2017年4月末。シンガポールは雷が多いので、雷雲実験のガンマ線検出器と、できればもう一つ、面白い工作を出せたらいいなと準備中 Show and tell (すごいでしょ、と見せる面と、あなたにもできるんですよ、と原理や作り方を伝える・encourageする面)が重要ということなので、tellの部分もちゃんと準備しようと思います。

Chingay 2017の会場を昼に見学 – シンガポール日記 Day 319

Chinese New Year 2日目、2017年1月29日(日)のお話。 レーザーカッターを使った工作をやってみたくなったので、ArtScience Museum (写真に写っている、Marina Bay Sandsの手前の白い花びらのような建物)に併設されているFabCafeを見学。Chinese New Yearで混み合っていて、Fabスペースは一旦閉鎖されている(?)ようでしたが、雰囲気はわかりました。Prototyping Labよりも明るい感じで、空いていたら居心地良さそう。ちなみにFabCafe SingaporeのFab機器の利用料金は以下の通り(2017年2月現在)。渋谷のFabCafeのFAQのページによると、素材をカットする際のレーザーカッターのスピードは1m/分ということなので、工作時間はこれを目安にしましょう(レーザー出力、カット対象の材質・厚さで変化しますが、大体いくらかかるか大まかに計算するときはそんなに外れていないでしょう)。「Mac Fab」はApple製品のアルミ部分に自分のデザインをレーザー刻印してくれるサービス。 レーザーカッター SGD $1/分 3Dプリント SGD $0.30/分 Mac Fab MacBook SGD $100 iPad SGD $80…

シンガポールの東急ハンズ

シンガポールでMDFを買う → Art Friend

5万円台のレーザーカッターとして話題になったFABOOL Laser Miniの動画(撮り方がおしゃれ)をみて以来、レーザーカッターで工作をしたい熱が高まっています。休日に、ビジターでも利用できるレーザーカッターがあるNational Design Centerに入っているPrototyping Labに話を聞きに行きました。料金はその場所を運営しているOMG (One Maker Group)のウェブサイトに出ている金額どおり(セットアップ15ドル、加工は2ドル/分)だったのですが、材料は自分で持ち込む必要があるとのこと。 DIY工作で定番のMDF(medium-density fiberboard; 中密度繊維板)がどこで手に入るのか、スタッフの一に聞いてみたところ、歩いて数分のBras Basah Complexビルの3階のArt Friendというお店に行くといいよとのこと。さっそくいってみると、まさしく、いままでどこにあるのかなーと思っていた「シンガポールにおける東急ハンズ的な位置づけのお店」がそこにありました。探していたMDFは厚み、大きさをいろいろ選べるようになっていますし、スタイロフォーム(発泡スチロール)や木材、金属、絵の具、紙、筆などアート系の材料・道具はほとんどここで揃いそうです。工具はカッターやドライバー、スタイロフォーム用のカッターやエアスプレーなど軽作業用のものがメイン。電動ドライバーやリューターなどの工具などは置いてないようでした。 今回がレーザーカッティング初めてなのでしらなかったのですが、MDFって想像していたより安いんですね。Art Friendでは3mm厚でA4サイズのものが1枚1.6ドル(=130円くらい)でした。 Art FriendはBras Basah Complex以外に、Plaza SingapuraとClementiにお店があります(Clementiが13000 sq.ftで最大、あとの2つが8000 sq.ft)。