Category: Micro Satellites

太陽X線観測Cubesat MinXSSの論文

コロラド大学が打ち上げた、3U CubesatにAmptekの小型のX線検出器(シリコンドリフト検出器SDD)を搭載の太陽X線観測衛星MinXSS (Wikipediaの記事)の論文が出ています。 Moore et al., “The Miniature X-ray Solar Spectrometer (MinXSS) CubeSats: spectrometer characterization techniques, spectrometer capabilities, and solar science objectives.”, 2016 数年前からCubesatのサイエンス利用に興味があってウォッチしていたのですが、2016年の5月にISSから放出され観測を開始。姿勢制御装置のXACT (Blue Canyon Tech社)も高精度で3軸姿勢制御を確立(1σのcross-axis pointing errorが8秒角というプレスリリースが出ています。すごい!)して、太陽フレアに伴うX線の観測をちゃんと実施できているようです。初期観測データはこちら。…

【小型衛星】「ほどよし1号機」のきれいな画像ギャラリー

超小型衛星ベンチャーであるAxelspace社のウェブサイトで、2014年11月に経済産業省のASNAROと相乗りで打ち上げられた60kgの小型衛星「ほどよし1号機」が撮影したきれいな地表の写真が特設ページで公開されています。 →Hodoyoshi-1 Image Gallery (Engilish) →ほどよし1号機撮影画像ギャラリー (Japanese) 2015年1月25日現在、以下の地域の写真が公開されています。 クレタ島の海岸線(ギリシャ) サウジアラビアの都市ダンマームの港湾エリア ホーチミンシティ(ベトナム) 成田空港(ウェブインタフェースの制限(?)で、MacBookProの画面で見ると上部のラベルと空港部分が重なって、やや見づらいのがちょっと残念) オーストラリアの森林地帯 ニュージーランドのオークランド 東京 (東京大学の本郷キャンパスも見えます!) きれいな写真は小型衛星でもかなりのパフォーマンスを出せることを視覚的にアピールする良い素材なので、今後もどんどん拡充されるとよいですね。衛星本体と運用チームのみなさんのご健闘をお祈りします。 海外では、米国PlanetLabsも同様に自社の超小型衛星(3U Cubesat)で撮影した地表の画像をギャラリーで公開しています。 →Our Planet – PlanetLabs 変わった地形や、ダム等の大きな建造物の画像が公開されることが多いですが、最近では日本の鹿島工業地帯の画像も出ていました。 →Kashima Industrial Zone – Ibaraki Prefecture,…

【超小型衛星】Chubusat-1の打上後の状況

2014年11月6日にDneprロケットによりASNAROの相乗りで打ち上げられた超小型衛星群のうち、Chubusat-1については名古屋大学のオフィシャルサイトで11/17付けで「ChubuSat-1の機能の一部が予期しない動作をしていることを確認」と記載されていました。状態を案じていたのですが、いくつかのニュースサイトでChubusat-2のステータスアップデートがなされるのに伴って、もう少し詳しい状況が公開されていました。 頑張れ!金シャチ1号=打ち上げ2カ月、機能停止-開発の中小企業、復活願う – 時事.com 金シャチ2号、来年度宇宙へ…太陽の放射線分析 – YOMIURI ONLINE 電力系(時事.comの記事に”太陽電池パネルで効率的に自己発電する機能が不調”とあるので、セルやその接続部ではなく、MPPTのための回路のことでしょうか)の不具合により、機能停止中とのことです。得られたlessonが共有されることに期待。 50kg級衛星は、人的リソース・スケジュール・コスト・試験のカバレッジ等さまざまな面で、Cubesatとの質量スケール(もしくはその数乗のスケール)から外れて難しくなりすぎているように感じます。 関連記事 【小型衛星】ASNAROの初期観測結果が公開されています (2014/12/26) 【小型衛星】ほどよし1号機のファーストライト画像 (2014/12/26)   Chubusat-1のオフィシャルサイト – 名古屋大学

【小型衛星】ほどよし1号機のファーストライト画像 (2014/12/26)

2014年12月26日(ASNARO衛星の初期観測結果公開と同じ日)に、ASNARO衛星との相乗りで打ち上げられた小型衛星のひとつ「ほどよし1号機」の初期観測結果がAxelSpace社のページで公開されています(東京大学、次世代宇宙宇宙システム技術研究組合からもリリースされていますが、AxelSpaceのページからはより高解像度の画像がダウンロード可能)。 ASNAROのプレスリリースと違いこちらはカラーイメージなので、より肉眼でみたイメージに近い画像になっています。とくにサウジアラビアの都市を撮影した画像は、海の深さ、船の航跡、街に張り巡らされた道のコントラストが鮮やかです。(ほどよし1号機の設計上の地上分解能(Ground Sampling Distance)は6.7mなので、ASNAROの「0.5m以下」よりは粗いのですが、その分、観測幅が27.8kmとなっており、ASNAROの10km幅よりも広いです) 今後もこういう綺麗な写真のデータがたくさん取得されるのだと思うと楽しみですね。最初に打ち上げた10kg級の2013年11月に打ち上げられたWNISAT-1では機器の故障等により残念ながらミッション不達でしたが、ほどよし1号機では沢山の成果が得られるとよいですね。 ほどよし1号機 ASNARO 打上日 2014年11月6日 軌道 太陽同期軌道 高度500km 重量 400kg 60kg 地上分解能 <0.5m 6.7m 観測幅 10km 27.8km 参考情報: ほどよし1号機の仕様 – AxelSpace ほどよし3・4号機のFacebookページ ASNARO-1の概要 –…

【小型衛星】ASNAROの初期観測結果が公開されています (2014/12/26)

経済産業省宇宙産業局のページで、2014年11月6日にロシアから打ち上げられた小型地球観測衛星ASNAROの、初期観測結果が年の瀬の12月26日にプレスリリースされています。公開されているデータは、2014年11月14~15日に撮像された、京都・東京・西之島(2014年に火山噴火で拡大したことが話題になった小笠原諸島の島)の写真です。 画像1(京都) 画像2(京都) 画像3(西之島) 画像4(東京) 詳細な分解能や撮像モードの記述がなく、画像そのものもかなりcropされているように見えるので、軌道上で実際にどの程度の性能が出ているのか詳細はわかりませんが、ともかく軌道上での観測が成功したようで、関係者のみなさまおめでとうございます。 ASNAROはJAXAの小型科学衛星シリーズ(SPRINT-A/Hisaki, ERG等)で使われているNEC社の小型衛星用バス(NEXTAR)に工学望遠鏡を取り付けた衛星です。NEXTARバスでは、データ通信インタフェースとして宇宙機内データ通信インタフェースのデファクトスタンダードの一つである「SpaceWireインタフェース」が全面的に採用されています。開発の初期の頃からウォッチしてきた衛星なので、観測が成功してうれしいです。(ASNAROは打ち上げ重量450kgなので、小型衛星の中でも重量級ですが) 参考資料: 技術実証衛星 ASNARO-1から初画像 京都・西ノ島・東京を撮影 @ SPACE ELEVATOR NEWS ASNARO衛星開発状況 @ 第三回小型科学衛星シンポジウムでの発表資料 (2013年3月7-8日) ASNRO-2衛星開発状況 @ 第三回小型科学衛星シンポジウムでの発表資料 (2013年3月7-8日)

2014 EEE Parts for Small Missions Talks

2014年9月に開催されたNASAの小型ミッション向けEEEパーツ(Electrical, Electronics, and Electromechanical parts)のワークショップ2014 EEE Parts for Small Missions Workshopの発表資料が一般公開されています。 2014 EEE Parts for Small Missions Workshop http://nepp.nasa.gov/workshops/eeesmallmissions/talks.cfm CubeSatや数十kg級の小型衛星で使用する部品の考え方、実績のある部品のデータベース管理等についての発表が主です。11日の13:00からの「The first 272 cubesats」(Prof. Michael Swartwout, Saint Louis University)という発表が、CubeSatのよいイントロダクションを提供してくれているので、興味のある方は必見。年度ごとの打上数のグラフや、ミッション達成率のグラフ等、他の人がまとめたデータを使っているところも多いですが定量的な数値も一緒に示してくれているのでつかみやすいです。…

Nano-satellite Symposium Records

Presentation slides available from the following URLs. 1st – June 10-11 at Tokyo, Japan http://www.nanosat.jp/1st/index.html 2nd – March 14-16 2011 at Tokyo, Japan (mostly cancelled due to the…