Category: Music

MP3プレーヤーをつくった

ここ数年、iPhoneやAndroidの音楽プレーヤーアプリが、アップデートで使いづらくなったり、起動が遅くなったり、一時停止時に再生箇所を忘れるようになったりしてきました。使いやすさと買い切りの潔さが好きだったTune Inというラジオアプリも、いまでは起動するたびにサブスクリプション会員の広告を全画面表示してくるのでつかいたくなくなってしまいました。 横道にそれますが、AppleもGoogleも他の有名アプリ企業の多くも、ユーザを無視して社内のKPI達成だけが重視されたり、たかだか数年というretentionの中で、なにかを変えた感じを出したい人たちによって、その場しのぎの見た目の変更が繰り返されてきました(Youtubeのバックグラウンド再生の廃止(それによって引き起こされる環境負荷)、Dropboxのデザインの崩壊や、標準音楽アプリでの過激なApple Music推し・音楽再生機能の劣化。スケールの小さいところではFeedlyのUIの劣化)。 なんというか、iPodや初期のiPhoneを使っていたころのワクワクした感じはなくなってしまっています。テクノロジーが退化していってる感じがします。 ということで、音楽プレーヤーアプリが使いづらくて、家事やシャワーの間に音楽をかけたりするのが面倒になってきました。劣化していく一方の携帯電話のアプリには頼らないで、現実の世界でのものづくりとか、タンジブルなインタフェースに揺り戻すのがいいのではないかと思って、自分でMP3プレーヤーを作りました。 内側はAliexpressで買ったMP3再生モジュール(GPD2846A)と、スピーカーと、単三電池(eneloop)×3。スイッチはSim Lim TowerのASK Electronicで買ったスイッチ。MP3再生モジュールは、US$0.5です。信じられませんが、この値段で変えます。FATでフォーマットしたMicro SDカード(ベーシックな”SD”規格のものを使いました。SDHCとかSDHXは試していません)にMP3ファイルを書き込んで、電源を入れると自動的に再生が始まります。プレイリストをつくったりはできませんが、次/前の曲へのジャンプはできるので、昔のミックステープみたいな感じで聞くことになります。ケースはAutoDesk Fusion 360で設計して、3D Print Singaporeで出力してもらいました(出力がGD31、送料SGD4の合計SGD35 = 3000円くらい)。 やっぱり自分でつくったものは愛着がわきます。電源を入れてすぐ使えるのも、家事やシャワーのときに使うのにあっていました。 Qiitaにも(型番は違うけど見た目は)同じモジュールをつかった方のレポートが載っていて、とても参考になりました。 aitendoの「MP3V375SW3」でMP3プレイヤー製作

For Tracy Hyde – 最近好きなバンド

YouTubeで台湾のManic Sheepの音楽を聞いていたら、関連する動画でFor Tracy Hydeを知りました。2014年のアルバム「In Fear Of Love」はBandcampで、それ以降の「Born To Be Breathtaken」、「Film Bleu」、「he(r)art」はAmazon MP3で早速購入(2018年のはじめにiPhoneに見切りをつけたので、何を買うにしてもApple縛りにならないサービスで買いたい)。 ここ1年くらい@ManicSheepBand という台湾のバンドがすごく好きで、オフィスでヘビーローテーションしています。数日前に、こういう音楽はshoe gazerとかdream popというジャンルだと知りました。関連して知った日本の@ForTracyHydeも浮遊感がすごくいいです。 https://t.co/AQdp7fP9mJ — Takayuki Yuasa (@yuasa_takayuki_) September 2, 2018 あえてサブカルっぽい、青春っぽい感じが、すごくいいです。東京あこがれが異常につよかった(つよい)人としては、「he(r)art」のジャケットの 君に 東京が 聞こえる。…

オリエンタルラジオ/渋谷QUATTRO(12/25)のチケット先行予約

今日6/28の無限大ライブで発表されたとおり、オリエンタルラジオ/RADIO FISHが2015年12月25日に渋谷CLUB QUATTROで開催する「RADIO FISH PARTY – オリエンタルラジオ10周年音楽祭」の先行予約がeplusで開始になりました。受付期間は2015/6/28(日)18:00~2015/7/20(月)23:59とのこと。結果の発表は7/25のようです。 先行予約ページ: eplus.jp/orientalradio/ 今日のライブでは、「新曲2曲の初披露」と「小島よしおさんとのコラボレーション発表」という2大イベントが。新曲のうちの一曲「SUMMER TIME」は本日6/28からiTunes Music Storeでダウンロードできるようになっています。もう一曲の「PARADISE」は7/1にリリースとのことです。 RADIO FISH – SUMMER TIME (iTunes Music Storeへのリンク) (2015/06/28リリース) 同日、Youtubeにオリエンタルラジオ公式チャネルもオープンしています。デビュー曲「STAR」のミュージックビデオや、3rdシングル「GOOD BYE」の無限大ライブでのライブ映像も公開されています。太っぱら! オリエンタルラジオ公式チャネル

【オリエンタルラジオ】2nd/3rdシングルリリース!(2015/05/27)

オリエンタルラジオの二人とFISH BOY(中田弟)をはじめとするダンサー4人のグループ「RADIO FISH」の2nd/3rdシングルが2015年5月27日(水)に同時リリースされました(プロフィールはこちら)。毎月の渋谷無限大でのトーク&音楽ライブがほとんど即完状態になってきた、3回目のブレーク中のオリエンタルラジオ。12月の渋谷クアトロでのライブに向けて、楽曲がどんどん増えていっています。 もともと4月にリリース予定だったけど事情により延期されていた2ndシングル「TONIGHT」は、「STAR」に続くダンス曲。 RADIO FISH / TONIGHT (250yen @ iTunes Music Store) 4月の無限大ライブで発表されるなり大盛りあがりだった3rdシングル「GOOD BYE」はバラード。といっても落ち着いている話ではなくて、サビのところでは結構ノれる曲になっています(個人的にTONIGHTよりもこちらが好き)。本当は卒業シーズンにあわせてライブで発表するはずだったけど、ラッスンゴレレライのやりすぎで藤森さんの喉が潰れた影響で4月にずれ込んだとのこと(そのことをライブ幕間のインタビュービデオで『彼には感謝しかない』と話す中田さんの大人になった感がすごくて、ファン全体がデビューから10年経過したオリエンタルラジオの(中田さんの)成長を感じたのでした)。 RADIO FISH / GOOD BYE  (250yen @ iTunes Music Store) 2015年4月の無限大ライブでのSNS用写真撮影タイムの様子 毎回配布されるサイリウムライトと、オリエンタルラジオのオフィシャルグッズとして発売されたLEDペンライトの共演。ライブ終盤の音楽ライブタイムには満席になった無限大ホールが総立ちになります(この時間帯は窓にかかるカーテンも開けられて、外からも様子を見ることができるようになります)。4jigeNとコラボして作られたユニフォーム。  

【オリエンタルラジオ】神曲”STAR”がリリースされました(2015/03/18)

STAR – STAR – Single (iTunes Music Storeへのリンク) 深夜ラジオ時代からのファンで、最近でも毎月のライブには高頻度で参加しているオリエンタルラジオの二人+ダンサー4人のユニット「RADIOFISH」のファーストシングル”STAR”が、3月18日にiTunes Music Storeなどでついにリリースされました(もちろんぼくも買いました)。「検索ちゃん」の年末ネタ祭りや、最近では「笑点」の大喜利の前座として披露された「武勇伝」の新バージョンで歌われている曲のフルバージョンです。この後3月25日にはPVもリリースされる予定です。 2015年12月25日には渋谷のCLUB QUATRROでのオールスタンディングライブが決定しています。渋谷の無限大ホールで(毎月)開催される「ORIENTAL RADIO SPECIAL LIVE」では終盤に歌のコーナーが設けられていて、観客総立ちでペンライトが揺れる中二人が歌います。芸人なのか何なのかよくわからない活動が、21世紀的ですごくいいです。応援しています。 関連リンク オリエンタルラジオ オフィシャルページ RADIOFISH オフィシャルページ   中田敦彦 Twitter natalieによるライブレポート(2015年2月1日) 関連動画 検索ちゃん: 10年目の原点回帰 武勇伝 (後半の曲がSTAR)

Emily Burns / Homewrecker

2/17の朝、宇宙研に向かう電車の中でTuneIn Radio(5年くらい使っているすばらしいラジオアプリ。当然有償版を購入済み)でBBC Radio1を聞いていたら、ひさびさに、集中して聞き入ってしまう曲に遭遇しました。ちょっと前のm-floっぽさ、声の透明感、バックグラウンドのループ、どれもいいです。TuneInは録音ボタンが便利で、気になった曲をすぐ録音して、後でShazam等で誰の何という曲か調べられるのがいいです(選局が素早いのももちろん良い点です)。今回は、DJ (Huw Stephens)がいる深夜番組で、曲の後に「Emily BurnsのHomewreckerでしたー」と紹介してくれたので、Shazamする手間が省けました。 Emily Burns (Wikipedia)は、イギリス出身の20歳のシンガーソングライター。 Emily Burns – iTunes Music Storeのアーティストページへのリンク 2013年リリースの「Plasters, Glitter and Glue」 – Emily Burns Youtubeで検索すると本人のページ Emily Burnsは出てくるのですが、Homewreckerはまだビデオは公開されていないようです。BBCのPlaylisterのページには載っていて、聞くことができます(20150220時点)。BBCは英国人以外にもとても気前がよくて、人気の曲もオンラインで「後から再生」で聞かせてくれます。 Emily Burns、Ellie Gouldingに続く自分の中でのUK Popのヒットになりそうです。日本でも流行るといいですね。…

Youtubeを連続再生(広告無し、自分用プレイリスト) – MuzicGenie

最近、Youtubeを連続再生できて、広告も無く、自分用のプレイリストを簡単につくれる、MuzicGenieというサービスをよく利用しています(Registrationしなくても利用できますが、登録すると作成したプレイリストを保存できます)。中国語の歌もいろいろ登録して、語学の勉強に活用します。 使い方は簡単で、Search Music Videosの欄にアーティスト名や曲名を入れると、YoutubeにアップロードされたMV等を検索してリストアップしてくれます。 MuzicGenie Youtubeではまだ無理ですが、最近話題のハイレゾ対応ヘッドフォンとプレーヤを試してみたいと思っています。使っている人の意見をきくと、「いままでと全然違う」そうなので。本当だったらすばらしいんですが、なにぶんまだまだ高価。 [tmkm-amazon]B00FJISYG0[/tmkm-amazon]

tilt-six / overwriter

久々にミクの曲を調べていたら、いいのがありました。最近ハマっているEDM系の音楽が心地いいです。 テンションがあがったので、引越の際にしまい込んでいたMIDIキーボードを取り出してきました。

globe decade – access best seasons 1995-2004 –

「すざく」AO-9の結果を集計するために、rubyでcsvファイルの処理をしているときに、Youtubeでglobe関連の動画を流していたら、2004年のライブ映像がありました。奇跡的な歌声と、グルーブ感。DVD買ってしまいそう(BluRay版も出ているのですが、プレーヤを持っていないので)。出張の飛行機の中とかでみたらテンションあがりすぎてよさそうです。 コメントにもありますが、44分ごろからのOver the Rainbow、1時間46分ごろからのLove Againなど、すばらしいクオリティ。2004年だったら、ぼくは大学生で東京にいたので、ライブに行こうと思えば全然行けたのに、もったいない、、、。 [tmkm-amazon]B0007WAE16[/tmkm-amazon]

最近聞いている曲

The Way (feat. Mac Miller) – Single – Ariana Grande 声がいいです。MCのMac Millerが控えめなのも好感度高いです(とくにYoutubeにあがっているEllen Degeneres Showでのライブのときに、歌い終わったらArianaをたててサッとはけるところが、一般的なMCのイメージと比べて控えめでいいんです)。   ギフト – 平賀さち枝 スタジオジブリの新しい監督の映画のテーマ曲をぜひ歌ってほしい平賀さち枝の新曲です。ちょっとJ-POPっぽくなっていて、前作までのアコースティック感が好きだった人は賛否両論かもしれませんが、こちらもやはり声がいいです。12/29に新代田FEVERで忘年会ライブがあるようなので、一年ぶりに行ってみようかな。 平賀さち枝オフィシャルサイト