nano【標準で入っていて使い勝手の良いコマンドラインエディタ】

このエントリーをはてなブックマークに追加

nanoはlinuxやMacに標準でインストールされている、コマンドラインで使用できるエディタです。 emacsよりもユーザフレンドリで、起動も素早いのでおすすめです。

1. 便利なオプション

これらのオプションを設定しておくと、より便利に利用できると思います。

以下のようにしておくと、nanoとうつだけで、以上のオプションを設定した状態で起動できる。

alias nano='nano -k -w -i -S'

2. アンドゥ/リドゥ

ver2.1以降では、-uオプションを付けてnanoを起動すると、undo(取り消し)とredu(やり直し)が利用できます。 標準キーアサインでは、undoはMeta-U (ESC-U)、redoはMeta-E (ESC-E)となります。 Mac OS Xのターミナル.appでは、環境設定で「optionをメタキーとして使用する」をonにしておくことで、ESCに加えてoptionキーをmetaキーにできるので、Option-UとOption-Eでundo/redoができます。

3. シンタックスカラーリング syntax coloring

nanoでも、emacsやviのようなカラーリングができます。 標準ではonになっていませんが、設定ファイル(~/.nanorc)で以下のように設定ファイルをincludeすることで、各言語に対するカラーリングをonにできます。 とくに、コマンドラインでシェルスクリプトを記述しているときなどに、カラーリングは便利。

include "/usr/local/share/nano/asm.nanorc"
include "/usr/local/share/nano/awk.nanorc"
include "/usr/local/share/nano/c.nanorc"
include "/usr/local/share/nano/cmake.nanorc"
include "/usr/local/share/nano/css.nanorc"
include "/usr/local/share/nano/debian.nanorc"
include "/usr/local/share/nano/fortran.nanorc"
include "/usr/local/share/nano/gentoo.nanorc"
include "/usr/local/share/nano/groff.nanorc"
include "/usr/local/share/nano/html.nanorc"
include "/usr/local/share/nano/java.nanorc"
include "/usr/local/share/nano/makefile.nanorc"
include "/usr/local/share/nano/man.nanorc"
include "/usr/local/share/nano/mutt.nanorc"
include "/usr/local/share/nano/nanorc.nanorc"
include "/usr/local/share/nano/objc.nanorc"
include "/usr/local/share/nano/ocaml.nanorc"
include "/usr/local/share/nano/patch.nanorc"
include "/usr/local/share/nano/perl.nanorc"
include "/usr/local/share/nano/php.nanorc"
include "/usr/local/share/nano/pov.nanorc"
include "/usr/local/share/nano/python.nanorc"
include "/usr/local/share/nano/ruby.nanorc"
include "/usr/local/share/nano/sh.nanorc"
include "/usr/local/share/nano/tcl.nanorc"
include "/usr/local/share/nano/tex.nanorc"
include "/usr/local/share/nano/xml.nanorc"