シンガポール日記 Day 94 (その他のシンガポール記事一覧→シンガポール日記)

IMG_2303

セントーサ島で25年営業してきた有名な水族館、Underwater World Singaporeが6月27日で営業終了するということで、最後のチャンスに見学に行ってきました。Straits Timesの記事「Underwater World Singapore to close on June 26 with lease ending; public to enjoy lower ticket prices from June 7」にも出ているように、最近ではセントーサの他の施設、とくにResort World SentosaのMarine Life ParkやUniversal Studioで来場者が減少していたそうで、閉園のニュースは観光業界の人たちにとっては驚きではなかったとのこと。それでも1991年のオープン当時は東南アジア最大の水族館だっというので、見てきました。

最後の1ヶ月間は入場料も1991年当時の大人9ドルに値下げされていて、この日も大勢の家族連れで賑わっていました。写真は開園当時からの目玉だった、80mの海中トンネル。動く歩道に乗りながら、サメを下から見られるというのが当時の先端の展示方法だったそうです。

この水族館のもう一つの目玉だったピンクイルカは、すでに中国の珠海にある水族館「Chimelong Ocean Kingdom」に移されて、引き続き展示されるとのこと。

IMG_2299

バックパッカーパラダイス2だったか、バックパッカー ヴァイタミンだったかで、さいとう夫婦が訪れた様子を見てから、ぼくの中でのシンガポールの象徴になっていたセントーサの巨大マーライオン。やっと本物を近くから拝むことができました(登らなかったけど)。感激。

IMG_2300

IMG_2308

巨大マーライオンからインビアビーチに向かう坂道にはタイル張りの流れる噴水がありました。本物を見たことある人はガウディのグエル公園のオブジェを思い出すようです。これはこれで、スケールが大きくてよかったです。