All Stories

【Mac】複数のMP3ファイルをsoxコマンドで連結する(catは使わない)

sox(Sound Exchange)を使えば、GUIのソフトウエアを使わずにコマンドラインから1コマンドで連結できたので、メモ。 soxのインストール Homebrewでsoxコマンドをインストール。2分くらいでインストールされます。

Macのマウスカーソルを見やすくする(とくにテキスト入力用のIビーム)

OS X Yosemite以降、Macのマウスカーソルが見づらくなってしまいました。ドロップシャドウが薄くなってしまったからか、とくに背景が黒い状態(ターミナルなど)で「Iビーム」(テキスト入力用のカーソル)になると、もう全然見えません。カーソルをぐるぐる動かしてもどこにいるかわからないので、すごくイライラします。 MousecapeでIビームを見やすくする手順 Mousecape(githubレポジトリ)というユーティリティを使うと見やすいカーソルに変更できます。(見やすさ以外にも、このツールを使うと、マウスカーソルを任意の形状・デザインに変更できるので、自分ごのみのカーソルにカスタマイズしたい場合にも使えます)。

ASTRO-H衛星の紹介ビデオ公開!【打ち上げまで1週間】

2016年2月12日に迫ったASTRO-H衛星の打ち上げにむけて、紹介ビデオがYoutubeで公開されました。ASTRO-Hがさまざまな天体をX線で観測する理由や、日本と世界中の研究者が作り上げた4種類の最先端の観測装置が、わかりやすく解説されています。ぜひご覧ください! X線天文衛星ASTRO-H - 熱い宇宙の中を観る - X線天文衛星ASTRO-H 打ち上げ特設サイト [browser-shot url=”http://fanfun.jaxa.jp/countdown/astro_h/” width=”450”]

flowchart.jsでテキストから綺麗なフローチャートを作図

flowchart.jsを使うと、テキストで指定したノードの形状やテキストラベル、ノード同士の接続をテキスト形式で記述すると、きれいなフローチャートが自動的に作図されます。VisioやPowerPointを使った煩雑な作図作業から解放されましょう。gistにサンプルを掲載してみました。 テキスト形式でフローチャートを作図する例 - flowchart.js

【読んだ本】高橋 歩/WORLD JOURNEY

[tmkm-amazon]9784902256048[/tmkm-amazon]

RubyFitsでFITSファイルをCSVファイルとしてダンプする例題

RubyFitsでFITSファイルをCSVファイルとしてダンプする例題をgistにアップロードしました。

【読んだ本】指原莉乃/逆転力 ~ピンチを待て~

[tmkm-amazon]9784063898507[/tmkm-amazon]

【読んだ本】樋口 毅宏/タモリ論

[tmkm-amazon]9784106105272[/tmkm-amazon]

【世界のWiFi事情】香港国際空港

2015年12月3-5日にシンガポールに行ってきました。キャセイパシフィック航空の香港乗り継ぎ便だったので、香港国際空港に立ち寄りました。空路で香港に入るのは初めてだったので、発の利用です。出発ロビー内にもレストランが多く、短い乗り換え時間にも香港料理を楽しむことが出来ました(でも価格は空港プライス。チキンが乗った焼きそばが1皿1500円くらいします)。

Plotly.jsのサンプル(誤差棒付き時系列データ)

JavascriptのプロットライブラリPlotly.jsがオープンソース化された(オフィシャルの発表; 日本語記事)ので、雷雲ガンマ線観測実験のデータをブラウザ上で表示するために使ってみました(以前記事にした最近流行りのプロットライブラリd3.jsを使うこと考えましたが、簡単なことをしたい時には大げさすぎるので今回はPlotly.jsです)。

【読んだ本】ヤマザキマリ/望遠ニッポン見聞録

[tmkm-amazon]9784344021501[/tmkm-amazon]

ハコスコ タタミ1眼(T1)を体験

2015年11月17-18日に渋谷で開催されたTech Crunch Tokyo 2015に参加してきました。直接会うことはできなかったのですが、クラウドファンディングを一緒にやらせてもらったacademistや、11月14日のサイエンスアゴラのオープンサイエンスセッションで同席した湯村さんも参加されていた模様。全体としてはあまり刺激的な講演がなくて、表面的な話が多かったなという印象。初めて参加したのですが、結局、イベントビジネス的な側面が大きいと感じました。来年も1万円払って行くかどうかは微妙。 サムライインキュベート榊原さん @samurai_ken に朝一番でブースに来て頂きました‼︎ いつも榊原さんのフロンティアスピリットを見させて頂いていたので嬉しいです!引き続き頑張ります。 pic.twitter.com/RDwNPc7dd7 — 鳥居佑輝 Yuki Torii (@yukito077) November 18, 2015

Space Tide 2015のビデオが公開されています

2015年10月26日に、Tokyo Design Weekの中で開催された、民間主導の宇宙開発についてのカンファレンス「Space Tide」のNVSさん配信のビデオがYoutubeで視聴できるようになっています。ぼくも参加したかったのですが、別の出張予定がはいっていてかなわなかったので、翌日見ました。NVSさんに感謝。

雷雲ガンマ線検出器の温度プロット - AT&T M2X

今シーズンの観測に向けて鋭意開発中の雷雲ガンマ線検出器(関連: カミナリ雲からの謎のガンマ線ビームを追え!on アカデミッククラウドファンディング「アカデミスト」)ですが、観測サイトへの展開を来週にひかえて、現在は研究室で長時間の試験運転中です。ガンマ線の計数データや温度などのHousekeeping(HK)データは、通信回線経由で解析サーバに伝送しているので、ほぼリアルタイムで検出器の動作状況がモニタできます。(検出器の内部では、Raspberry Pi 2上でデータ取得ソフトウエアとHK取得ソフトウエアが動作していて、とくにHK取得ソフトウエアは、SPI通信でHK収集用のADCから温度計などのアナログ値を読みだしています)

【読んだ本】吉田友和/10日もあれば世界一周

[tmkm-amazon]9784334037963[/tmkm-amazon]