All Stories

【Rubyで単位付き計算】X線fluxをluminosityに変換する例

Soki Sakuraiさんのruby-dimensionalを使うと、Rubyで単位付きの計算がとても綺麗にできます。

【読んだ本】竹田恒泰/日本人はなぜ日本のことを知らないのか

[tmkm-amazon]9784569799339[/tmkm-amazon] 欧米に出張に行ったり旅行にいったりして、世界の歴史に興味を持ったのですが、その前に、自分があまりに日本の歴史、とくに、平安位時代より前の歴史を知らないことに気づきました。「まぼろしの邪馬台国」をみた影響で、邪馬台国のことをネットで調べたりしていたのですが、いかんせん資料がほとんどないので、どの人の考えも憶測の域を出ていません。が、ネットサーフィンを続けるうち、古事記や日本書記といった、後世(といっても西暦700年とかだから、今から1300年以上前に編纂された)の文書には、神々が活躍する時代〜人間の時代のことが詳しく「説明」されていることを知りました。小学校や中学校で古事記や日本書記の名前は教わりましたが、そこに何が書かれているかはぜんぜん習った記憶がありません。

【写真付き】MacBook Pro 17インチ (Early 2011)のHDDをSSDに交換

MacBook Pro Early 2011 (17インチ)のHDDをSSDに交換しました。手順は誰でもできる簡単なものですが、星型のトルクスドライバが必要な点だけ注意ですね。この世代のMacBook ProはCore i7のCPUを積んでいて、計算性能的には現役です。HDDで律速されるデータIOを、SSDに交換して改善することで、まだ数年は使えるマシンに生まれ変わります。

【Mechanize/Ruby】Amazonへのログイン

Amazonのウェブサービスの操作を自動化しています。RubyでMechanizeを使ってAmazonにログインしようとしたのですが、「Cookieを有効にしてください」の表示がでてしまってうまく行きませんでした。

【読んだ本】那須 正幹/ズッコケ中年三人組age47

[tmkm-amazon]9784591131855[/tmkm-amazon]

[ROOT] TGraphからTSpline3を作成する

ROOTのTGraphでデータ列を保持していて、そのスプライン補間関数(cubic splineならTSpline3)を構築したいときは、以下のようにTSpline3::TSpline3(const char* name, const TGraph* g, …)というコンストラクタを使用しましょう。

NuSTAR Cycle 1 Accepted Targets released

エネルギーの高いX線の撮像・分光観測を特徴とするNASAのX線天文代NuSTARの第1期公募観測の採択天体が公開されています。

【読んだ本】馳 星周/夜光虫

[tmkm-amazon]4043442033[/tmkm-amazon]

Emily Burns / Homewrecker

2/17の朝、宇宙研に向かう電車の中でTuneIn Radio(5年くらい使っているすばらしいラジオアプリ。当然有償版を購入済み)でBBC Radio1を聞いていたら、ひさびさに、集中して聞き入ってしまう曲に遭遇しました。ちょっと前のm-floっぽさ、声の透明感、バックグラウンドのループ、どれもいいです。TuneInは録音ボタンが便利で、気になった曲をすぐ録音して、後でShazam等で誰の何という曲か調べられるのがいいです(選局が素早いのももちろん良い点です)。今回は、DJ (Huw Stephens)がいる深夜番組で、曲の後に「Emily BurnsのHomewreckerでしたー」と紹介してくれたので、Shazamする手間が省けました。

【世界のWiFi事情】台北 松山空港 (超好アクセスの便利空港)

2015年2月8〜14日に、台湾大学での研究会に参加するために、台北を訪問しました。どのお店もご飯が美味しくて、気温も程よく過ごしやすかったです。

【Selenium】Rubyでウェブページのスクリーンショット

最近Seleniumにハマっています。以下のようにするとスクリーンショットも撮影できてしまいます。

【ROOT】ファイルを開くとTStreamerInfo::BuildCheckのWarningが出る

TStreamerInfo::BuildCheckのWarning CERN/ROOTを使っている時に、 Mac 1で作成したROOTファイルをMac 2で開こうとすると、TStreamerInfo::BuildCheckが以下のようなWarningを出しました。メッセージの要旨は「ROOTファイルから読み込んだTNamedやTAttMarkerといったクラスの定義情報が、現在使用しているROOTのバイナリにおける定義と異なっている」です。 原因 おかしいなと思って調べると、2台のMacでROOTのバージョンが違っていました。Mac 1ではROOT 5.34.25でファイルを作成して保存していたのに対し、Mac 2ではROOT 5.24.00で開こうとしていました。 解決方法 Mac 2のROOTを5.34.25にアップグレードしたところ、Warningは出なくなりました。実験データの取得を行うDAQ用Macと解析用のMacのソフトウエア環境は揃えましょう、という教訓です。

【読んだ本】高城 剛/サヴァイヴ!南国日本

[tmkm-amazon]9784087813760[/tmkm-amazon]